賃貸でも使える子どものドア指挟みを防止する便利グッズ

お得情報

無用な説明を省きたい方はこちらをクリック!!

サイトに飛びます↓↓↓

年間100人がドアで指を切断!指挟み防止グッズ【はさマンモス】

子どもがドアに指を挟む事故報告

「子どもの危険回避研究所」がメールマガジンの購読者を対象に、「指挟み事故体験談」を募集しました。

こちらをご紹介します。

ちょっとした拍子に指を挟んでしまって、「あ、痛い!」と軽い怪我をしてしまったという経験はありませんか?大きな怪我にならなければ幸いですが、家の中のドアで指を切断してしまった子どもの事例もあるので、大人も子どもも注意が必要です。また、ドアだけでなく、イスやおもちゃなどの商品による指挟み事故も多発しているようです。

そこで、子どもの危険回避研究所では、11月中にメールマガジンの購読者を対象に、「指挟み事故体験談」を募集しました。ぜひみなさまに知っていただきたい事故事例について、以下に掲載させていただきましたので、研究所からのメッセージと共にご一読下さい。

★ 足の指
息子が1才の時に、ドアを開け閉めしていて、しめるときに足の指を挟んでしまいました。泣き声であわててかけつけ、指を抜いてみたら皮がむけて血が少しでていました。目を離したことを反省した出来事でした。
研究所より一言…手の指だけでなく、足の指も注意が必要だということですね。

★ クローゼットの折りたたみ式ドア
子ども(女・現在4歳)が2歳くらいの時だったと思います。
実家に行ったときに、押入れ(クローゼット)を開けて荷物を出し終え、閉めようとしたときに、子どもも手伝おうとしたのか、一緒に閉めようとしました。私も子どもも立った状態ですので、子どもは私の目線よりかなり下のほうで、閉めようとしていました。
そのクローゼットの扉は折れ戸タイプで、閉める時にはその折れた部分が伸びます。
伸びる時に、折れていた時に開いていた板と板の隙間に子どもの指が入り、気づかなかった私はそのまま閉めようとしました。
「あっ」と気づき、もう少しで閉め切ってしまう!という時に戸を止めたので、大事には至りませんでしたが、そのままだったら、指がつぶれていたと思います。それ以来、ドアにはかなり気をつけるようになりました。
研究所より一言…子どもの指は、大人の目線より、かなり下の方にありますから、視点を変えて気をつけるようにしましょう。

子どもの指挟み事故は、エレベーター、車のドアなど多種多様。

本当に「ここ?」と思うところでの指挟み事故が多いですよね。

家の中の指挟み事故を減らしたい

子どもの指挟み事故、せめて家の中だけでもなくしたいと思いますよね。

探せば沢山の種類が出てきます。

しかし、こんな問題も。。。

・開け閉めしているうちにはがれる

・接着剤が強力過ぎて、はがす時にドアや壁を傷めてしまう

・ドアを好きな角度に開けることができない

 

せっかく子どもの指挟み事故を減らそうと買って設置してもこれでは困りますね。

そこでお勧めなのが「はさマンモス」です。

「はさマンモス」は、指挟み防止グッズとして特許をとっているんですよ!!

それも「はさマンモス」は、

剥がしやすい「賃貸用タイプ」剥がれにくい「超粘着タイプ」があります。

違いは両面テープの強度のようですが

類似品は、ドアを開閉する度に、接着面に「剥(は)がされる力」が掛かり、やがて剥がれてしまいます。
一方、「はさマンモス」は負荷なく自由に曲がるので、「剥がされる力」が掛からず、接着がはがれてしまうことがありません。

類似品は強力な接着力を必要とします。
そのため、引っ越しなどで撤去する時、壁や塗装を痛めてしまうことがあります。
一方、「はさマンモス」は、強力な接着力を必要としません。そのため、最小限の両面テープで接着でき、壁や塗装を痛めることがないのです。

ーはさマンモスー

こんな人におすすめ

おすすめするのはこんな方

・指挟み事故が増える1~12歳までのお子さんがいる家庭

・賃貸・新築などなるべく傷をつけたくない

・ドアの開け閉めにイライラしたくない

・見た目が気になる

満足できなかったら返品可能、そして、業界最安値を宣言していてより安い類似品があれば公式サイトに連絡を入れて欲しいそうです。

それだけでおすすめできるし、商品に自信があるのでしょう。

「はさマンモス」はこちらをクリック↓↓↓
年間100人がドアで指を切断!指挟み防止グッズ【はさマンモス】

 

お得感UP情報
①10,000円以上のご注文で、送料無料!
②15,000円以上のご注文で、表用180cmをプレゼント!
③SNS投稿で、表裏セット180cmをプレゼント!(「https://hasaman.com/」へのリンクが必須)

タイトルとURLをコピーしました