新しいsearch console URL検査の上限回数はいくつなの!?

ブログ

普段からお世話になっている「Google search console」。

2019年3月28日以降、新しい「サーチコンソール」に移行され、デザインも一新されました。

旧サーチコンソールでは「Fetch as Google」と呼ばれていたこのツール、新しいサーチコンソールでは、「URl検査」と呼ばれています。

URLのクロール依頼、インデックス登録をグーグルにリクエストすることができるとても便利なサービスでした。

「Fetch as Google」では、1日のクロール依頼の上限が決まっていましたが、新しい「URl検査」では上限があるのでしょうか。

「Fetch as Google」でのリクエスト上限回数

今は完全に使うことができなくなった「Fetch as Google」。

以前の「Fetch as Google」をクリックすると、

新しい URL 検査ツールをご利用ください。
このレポートは、ここでは利用できなくなりました。

の文字が…。

「Fetch as Google」といえば、ブログ更新した記事のインデックスを催促してくれるとてもありがたい機能ですが、新しい「サーチコンソール」にも同じ機能が備わっています。

その名も「URL検査」。

「URL検査」では、インデックスをただ依頼するだけではなく、「インデックスカバレッジ」という機能も加わりました。

「インデックスカバレッジ」では、クロール依頼をしたURLのインデックス状況を知ることができます。

とても有り難い機能です。

 

「Fetch as Google」でのリクエスト上限回数はハッキリと決められていました。

「このURLのみをクロールする」は、1日10件まで。

「このURLと直接リンクをクロールする」は、1日2件まで。

 

月に換算すれば「このURLのみをクロールする」は、300件、「このURLと直接リンクをクロールする」は、60件になります。

search consoleヘルプに書かれていたので、周知の事実でした。

スポンサーリンク

 

URL検査の上限回数は?

「Fetch as Google」から「URL検査」に替わって上限回数に変化はあったのでしょうか。

search consoleヘルプを見ると、

所有する各プロパティに対する検査のリクエスト数には、1 日あたりの上限が設定されています。

と、書かれています。

しかし、いくら調べてみても「上限がある」ことだけで、その回数が何回なのか、はっきりとは書かれていません。

グーグル様、教えてください…。

巷では、「URL検査に上限回数はない」という方や「「Fetch as Google」のように1日10回まで」という方もいらっしゃいます。

でも、グーグル様は、「上限がある」としか書いておらず、「上限回数がない」とも「1日〇回まで」ともいっていない状態なのでちょっと違うかもしれないですね。

でも、明らかに「上限がある」。

その回数は一日何回までなのか、月何回までなのか。

サイトマップを送信していれば問題ないでしょうっと、答えている方もいますが、弱小ブログとしてはなるべく早くインデックス登録してほしいので「URL検査」ははずせません。

それにしても、いつか発表はあるのでしょうか。

「URL検査」愛用派の方は、「URL検査」のし過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました