Google AdSense横長タイプの広告を簡単にサイズ変更する方法

お金の話し

ブログにせっせとアドセンスの広告を貼り付けています。

スマホで見るとちゃんとしたスクエアタイプの広告なのにパソコンで見ると細長い広告が表示されます。

凄く気になってはいたのですが、下手にいじってグーグルに怒られたら怖いので、気にしながらもそのままの状態にしていました。(面倒くさいっていうのもあるのですが…)

他のブロッガーさんのブログを見てみても、私のように横長タイプの広告が使われている人はあまりいません。

皆さん、ちゃんと変更しているんですね。

調べてみると小さい広告より大きい広告の方がクリック率が高くなるそうです。

そこで今回、パソコンで細長い広告を大きい広告に変更する方法を紹介したいと思います。

パソコンの広告が小さい

頑張って記事を書いてアドセンスの広告を貼り付けて投稿してみると、パソコンに表示される広告が細長いことが気になることはないですか。

こんな広告や

 

こんな広告ですね。

細長いですね。

あまりにも小さくて、クリックしてもらえるのか心配になります。

案の定、調べてみると「アドセンスの広告は大きいほどクリック率は上がる」と、書かれています。

アドセンスで広告を作る際、「自動サイズ レスポンシブ」を選んだはずなのに、どうしてでしょうか。

グーグル広告ヘルプを見てみると、

レスポンシブ広告とは、広告枠に合わせて広告のサイズ、表示形式、フォーマットが自動調整される広告です。そのため、ある広告枠としては小さいテキスト広告として表示された同じレスポンシブ広告が、別の広告枠では大きいイメージ広告として表示される可能性があります。

と、書かれています。

自動調整されるはずの広告なのに、パソコンではなぜか横長タイプの広告になるのです。

 

レスポンシブ広告のコードを変えてみる

色々調べてみると最後はグーグル様です。

AdSenseヘルプ 広告ユニット「レスポンシブ広告のタグパラメータの使用方法」に書かれています。

レスポンシブ広告のタグパラメータを使うと、レスポンシブ ディスプレイ広告ユニットの動作を変更できます。たとえば、お客様の規定の形状として、広告ユニットの一般的な形状を指定できます。通常、レスポンシブ広告のタグパラメータを使うには、レスポンシブ広告コードにわずかな変更を加えます。たとえば、data-ad-format パラメータの値を "auto" から "rectangle" に修正します。レスポンシブ広告コードの高度な機能とは異なり、複数のコード変更を加えたり、CSS メディアクエリを使ったりする必要はありません。

: この記事で説明されている例は、AdSense 広告コードの許可されている変更方法です。こうした方法でレスポンシブ広告コードを修正した場合、AdSense プログラム ポリシーに違反することはありません。

広告コードの改変は違反ですが、こちらの方法は、AdSenseヘルプで認められています。

複数のコード変更を加えたり、CSS メディアクエリを使ったりする必要はなく、「auto」を「rectangle」に変更すればいいよっと、いってくれています。

アドセンスで作成した広告はこんな感じですね。

<p>スポンサーリンク</p>
<script async src=”//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script>
<!– 広告 –>
<ins class=”adsbygoogle”
style=”display:block”
data-ad-client=”ca-pub-XXXXXXXXXXXXXXXX”
data-ad-slot=”0000000000″
data-ad-format=”auto“></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

この赤くなった「auto」を「rectangle」に変更するだけです。

data-ad-format=”auto“></ins>

 

data-ad-format=”rectangle“></ins>

とても簡単です。

すると広告は

 

こんな感じや

こんな感じに表示されます。

今までの広告よりかなり大きく表示されますね。

なんでも表示されるディスプレイの中で一番大きな広告を選んでくれるそうです。

とっても簡単なので、広告で悩んでいる方は、思い切って挑戦してみてください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました