ランスタッドで単発の仕事をしてみた

我が家の末っ子も今年から小学生になります。

少し前なら私が側にいないとダメな子でしたが、長女、長男がいれば一日過ごせるようになりました。

大きくなったなと実感しています。

小学生に入学するにあたり、春休みに仕事をすることにしました。

1年生って最初は数時間で帰ってくるんですよね。

それも学校までお迎えにいかないといけません。

仕方がないのですが、まだ、気を抜くことができません。

そこで、学校の長期の休みや土日の休みに単発で仕事をすることにしました。

スマホで検索すると、単発・当日のみの短期の仕事が山のようにあります。

長時間勤務や勤務地が遠かったり、実際勤務するには難しいものがありますが、見ている分には面白い仕事がありますね。

そんな中で自宅からも近く、軽作業の仕事がありました。

時給もよく、1週間普通にパートに出るのを1日で稼ぐことができます。

似たような人材募集は求人サイトにいくらでも載っています。

この仕事ならできそうと思う求人を出している会社名は大体同じで、調べると人材派遣会社とわかりました。

派遣といっても大小様々な派遣会社が存在しています。

ネットで検索すると、色々な噂や情報が飛び交っています。

「わからないことがあって電話をすると怒鳴られた」「給料の未払い」「派遣先で不当な扱いを受けた」など、見ていて不安になることばかりです。

最初に興味を持ったのが私の場合、試験監督官です。

この仕事は、ほぼ日曜日。

私ができる仕事です。

 派遣会社ランスタッド

できたら、長女、長男が休みの土日に働きたいと思っていましたが、毎週となると難しそう。

求人サイトを見ていると、一日だけの求人、試験監督官が日曜日に募集しています。

会社を見ていると「ランスタッド」という会社名が書かれていました。

調べてみると試験監督官以外に単発・短期のスポットの募集もしています。

ランスタッドは1960年にオランダにて設立されました。現在世界39の国と地域に4,400以上の拠点を置く、世界最大級の人材サービス企業です。おかげさまで、2015年には設立55周年を迎えました。

日本の会社かと思ったら、オランダに拠点を置く歴史ある超大手の人材派遣会社です。

ランスタッドに登録しに行って初めて知りました。

世界的に展開している企業なので、他の人材派遣会社でいわれている「高圧的な態度」を取られたことがありません。

単発の仕事をする場合、皆さん数社、人材派遣会社に登録しています。

私もランスタッド以外の人材派遣会社に登録しているのですが、質問したくて電話を入れた時、「高圧的な態度」を取られて以来電話をするのにいつもドキドキしています。

ランスタッドの社員さんは物腰の柔らかい人が多いので電話で質問しにくいということがありません。

それぞれの支店で説明が違うことがありますが(人材派遣会社では普通)、なんて優しいんだろうと感激してしまいますよ。

ランスタッドは、単発(1日)の仕事から正社員まで幅広く紹介してくれます。

他の人材派遣会社では、働ける日を登録すると、どの会社かわからないお仕事紹介メールが届きます。

ランスタッドの単発は、どんな仕事か、就業時間、場所を自分で確認して応募することができます。

自分自身で選んだ仕事なので、納得して仕事をすることができます。

どんな仕事でも、やっぱり納得して仕事をしたいですよね。

単発・短期のバイト・派遣・求人は、ランスタッドのサイトから。全国各地域のたくさんの職種・条件から、ピッタリのお仕事をご紹介いたします。
 登録方法

人材派遣会社で仕事を紹介してほしい場合、その人材派遣会社に「来社登録」する必要があります。

ランスタッドも同じです。

ランスタッドでは長期の仕事を希望する場合、来社予約、来社不要のウエブ、電話面談(クイック登録予約)で登録が可能です。

しかし、短期・1日単位の単発アルバイト(スポットといいます)を希望する場合は、来社登録する必要があります。

短期、長期にかかわらず仕事を探す場合、求人サイトを閲覧すると思います。

求人サイトから応募してもそれぞれの人材派遣会社に登録というワンクッションが必要です。

これが意外と面倒なんですよね。

人材派遣会社に直接登録をせず求人サイトから応募すると、求人サイトの閲覧履歴から探している求人と似ている求人メールが届きます。

結構な量のメールが届くので、求人サイトで希望する条件の求人があったら、会社名を確認して人材派遣会社なら直接登録予約を入れた方がいいですよ。

予約はウエブか電話で、服装は自由。(清潔感のある服装を心がけた方がいいですね)

履歴書、写真、印鑑など必要ではありませんが、身分証明書は必要です。

登録説明会で今までの職歴や資格などを書きますし、写真も会場で撮影してくれます。

登録説明会(約2時間)

1 映像視聴
お仕事の流れ、マナーや心構え、福利厚生などの説明。

2 オフィス担当者からの説明
お仕事紹介の流れや書類手続きについて説明。

3 個別面談
お仕事の希望やこれまでの経験についてうかがいます。また、デジタルカメラでプロフィール写真を撮影します。

人材派遣会社の登録説明会は大体同じ流れです。

説明会に参加すると、スタッフカードをもらえます。

スタッフカードに書かれたスタッフコードですべて管理されているので、とても大切な番号になります。

ランスタッドには、単発(スポット)登録者向け仕事検索専用のアプリがあり、ランスタッドもこのアプリを使うことを推奨しています。

しかし、このアプリ、扱うのが難しいです。

私はGメールを使っているのですが、Gメールはパソコンメール扱いなので、ログインすることができませんでした。

ランスタッドに登録してから結構時間が経っても「ユーザーが見つかりません」と出ます。

Google Playにこのアプリの評価が載っているのですが、皆さん、中々厳しい評価をしています。

しかし、単発の仕事をするにはやはりこのアプリが使えた方が何かと便利です。

ランスタッドのウエブサイトからも応募できるのですが、アプリを使っている人の方が優先で仕事をもらえるようです。

いつも仕事を応募している支店に電話を入れて事情を説明したら数時間後には使えるようになりました。

 単発の仕事をするには

単発・短期の仕事をスポットと呼びます。

単発・短期のバイト・派遣・求人は、ランスタッドのサイトから。全国各地域のたくさんの職種・条件から、ピッタリのお仕事をご紹介いたします。

労働者派遣法が2012年に改正され、日雇い派遣が原則禁止になりましが、

以下の要件のいずれかに該当する方が、単発・短期バイトに登録することが可能です。

(1)60歳以上である場合
(2)昼間学生である場合
(3)生業収入額が500万円以上で、単発で副業を希望する場合
(4)主たる生計者でなく、世帯合計年収が500万円以上であり、自身の年間収入の額がその半分未満である場合

日雇派遣の原則禁止の例外となる「業務」があります。

  • ソフトウェア開発
  • 機械設計
  • 事務用機器操作
  • 通訳、翻訳、速記
  • 秘書
  • ファイリング
  • 調査       など

該当する場合、公的書類による確認が必要になります。

(1) の場合:健康保険証、運転免許証、パスポート等の年齢が確認できるもの
(2) の場合:学生証または学生であることを証明する書類
(3) の場合:本人の源泉徴収票、所得証明書等の収入が確認できる書類
(4) の場合:該当する人の源泉徴収票、所得証明書等の収入が確認できる書類

派遣先企業の業績悪化などの理由で、解雇又は、雇用契約の更新拒否などの「派遣切り」が社会問題になりました。

それに伴い、労働契約の期間が30日以内の日雇い派遣が原則禁止になりました。

労働契約が31日以上の派遣、同条件でもアルバイトやパートなど雇用主との直接雇用では働くことができます。

 仕事をしてみて

ランスタッドでは選ぶ仕事によって必要になる持ち物や服装が違ってきます。

基本、足首まであるズボン、スニーカーですが、色が指定されていることがあります。

この日なら仕事ができる、この仕事ならできそうというものがあっても、色指定があると中々応募することが難しい場合があります。

派遣も中々やりにくいですよ。

それに交通費が安い!

首都圏だと出ないこともあるようですが、300円で交通費がまかなえる人がどのくらいいるんでしょうかね?

疑問です。

1000円交通費が出るだけでいい会社だなと思ってしまう自分が悲しいですよ。

まだそんなに仕事をしていませんが、派遣先で「不当な扱い」を受けたことがありません。

それはとてもラッキーなことなんでしょうね。

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼