クラウドソーシングで仕事をするなら、ネット銀行が便利

在宅で色々仕事を探していて、ここ1年半はランサーズ(クラウドソーシング)で色々な仕事をしています。

▼ランサーズについて書いています▼
小さい子どもがいてもできる仕事 ~クラウドソーシング~

ランサーズで仕事をしていると、少しづつですが報酬が貯まって来ます。

報酬を受け取るのに楽天銀行だと振込手数料が100円、ゆうちょ銀行だと振込手数料は500円になります。

楽天銀行はネット銀行です。

最近は色々なネット銀行が増えましたが、ネット銀行って本当に安心なの?安全なの?気になります。

楽天銀行のことを色々調べてみました。

 ネット銀行とは

ネット銀行には店舗も預金通帳もありません。

インターネットでの取引を中心に営業している銀行のことです。

店舗を持たない、預金通帳もないのは、ネット銀行と既存の銀行の大きな違いです。

店舗、預金通帳を持たないので、人件費や運営コストが抑えられ、預金金利が従来の銀行より高めです。

スマホ、パソコン、携帯電話から利用することができます。

自分の空いている時間にどこでも営業時間を気にすることもなく、銀行取引を行うことができ、とても便利です。

最近では、口座維持手数料が無料のネット銀行も増えてきました。

 楽天銀行

2001年に開業し、国内で最大の口座数を有するネット銀行です。

キャッシュカードをJCBデビットカードにすると楽天スーパーポイント(100円1ポイント)が貯まって使えます。

セブン銀行、イオン銀行など提携ATMは9社もあり、どこでもおろすことができせます。

出金するのに手数料がかかるのは、使う側としては不満に感じるところです。

同じネット銀行で自社ATMを持っているセブン銀行とイオン銀行の利用手数料を比較してみました。

楽天銀行は自社ATMを持たないネット銀行なので、セブン銀行やイオン銀行と比べると出金、入金に手数料がかかってしまうようです。

色々調べた結果、ゆうちょ銀行に振り込みをすると、103円で済みます。

振り込みをしてから、ゆうちょ銀行から引き出すのが、手間がかかってしまいますが、一番手数料を安く済ませることができる方法です。

スポンサーリンク

 ネット銀行のセキュリティって大丈夫なの?

ATM利用手数料も気になりますが、一番気になるのはネット銀行のセキュリティなのではないでしょうか?

誰だか知らない第三者が自分になりすまし、不正にログインして口座から預金を引き出す、個人情報が勝手に流出する、そんなニュースをよく目にします。

店舗も預金通帳もないネット銀行に、不安を持つのもわかります。

私も心配でしたから。

楽天銀行のセキュリティサービスには、ログインや暗証番号の「基本認証」以外に、合言葉認証やワンタイム認証の「認証強化」や振込限度額制限、ATM出金制限などの「制限」などがあります。

認証強化

・合言葉認証
事前に設定した問いと答えのセットを登録して本人確認する方法です

・ワンタイム認証
ランダムに生成する1回限りの使い捨てパスワード(ワンタイムキー)です

・IP制限サービス
普段利用するIPアドレスやドメインネームを事前に登録します

・モバイルアクセス制限
携帯電話やスマートフォンからのログインや取引を制限します

・ログイン制限
パソコンからのログインに認証項目を追加して強化します

・セキュリティカード認証
英数字が並んだ表(セキュリティカード)を利用して、指定の英数字を入力することで認証します

制限

・セキュリティボード
IDやパスワードを別の英数字に対応させた表を使い入力します

・振込限度額設定
1日の振込上限額を設定できます

・ATM出金制限
ATMから出金する際、地域、時間、限度額を設定できます

・取引通知メール
取引画面へのログインや取引、手続きがあった場合、メールで通知します

・ベリサイン EV-SSL証明書
フィッシング詐欺のセキュリティ対策です
ウエブサイトの運営者が 実在しているのか証明書を発行します

 急な出費に

年とともに急な出費が多くなったと感じます。

そんな時は、本当に困ります。

そんな時、ネット銀行のカードを持っていると助かります。

2010年の貸金業法の改正で年収の三分の一までしか、お金を借りることができなくなりました。

専業主婦はアルバイトやパートをしていれば悩むことなく借りることができるのですが、専業主婦はカードローンを組めなくなってしまったのです。

これは結構、困ります。

銀行は貸金業法の対象外なので専業主婦でもお金を借りることができるんです。

消費者金融でお金を借りるのはなんとなく抵抗を感じる、家族にできるだけ知られずそっと借りたい、ローン初心者には向いていると思います。

消費者金融は「最短即日融資」が可能です。

銀行でも「即日」にお金を借りることができると謳っていますが、実際には、その銀行の口座がないと即日にお金を借りることは無理なんです。

楽天銀行のカードローンは、楽天銀行以外の口座にも振り込みをしてくれます。

他のネット銀行では口座がないと借りることができません。

どこで急に必要になるのかわからないので、ネット銀行で口座を作っておいてもいいと思いますよ。

ランサーズ以外にクラウドワークスも報酬を楽天銀行に振り込みするほうが手数料が安いので、クラウドソーシングで仕事をするなら口座は「楽天銀行」がおすすめです。

▼楽天銀行のカードローンについて書いています▼
専業主婦でも借りることができるネット銀行のカードローン

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼