小さい子どもがいてもできる仕事 ~クラウドソーシング~

2年ぐらい前から、クラウドソーシングという働き方があることを知りました。

子どもが小さいのでなるべく自由に仕事をしたかったので、私にはとても魅力的な働き方に見えました。

昔は在宅の仕事といえば「データー入力」なんかが主流でしたが、最近は選べる仕事も増えて、在宅で仕事がしやすくなりました。

ウエブの中には、とても簡単に高収入が得られると謳っているサイトもあって、魅かれてしまいそうになりますね。

数あるサイトの中から、どのサイトが安全なのか、見極めるのは大変です。

調べていくと「ランサーズ」というサイトが出てきました。

「日本最大級のクラウドソーシング」らしく、登録している人も多いようです。

私は、Photoshop(フォトショップ)が多少使えるのとExcel(エクセル)が使えるぐらいの能力しかありませんが、自分自身が出来ること日々探しています。

私は特に秀でた資格や経験があるわけではありませんが、どこでどう仕事に結びつくのかわかりませんね。

Photoshop(フォトショップ)は、仕事で使っていわたけではなく、完全自己流です。

私にできそうなイラストやバナーデザイン、パッケージデザインのコンペを見つけては頑張って参加しています。

素人なので中々、難しいのが現状です。

イラストはスマホのお絵かきアプリibisPaint(アイビスペイント)やillustrator(イラストレーター)も使いながら臨機応変に提案しています。

中には金額の高い依頼もありますが、プロのデザイナーさん用だと思い、それには手を出していません。

[初心者OK]の依頼を見つけては挑戦していますが、現実は中々厳しいです。

採用されなくても、参加報酬が出るものもあるので、それを期待しながら提案を出しています。

普段は、できそうなデーター入力が主流になっています。

 クラウドソーシングとは

ウエブ上で不特定多数の人に業務を委託することで、働く場所、時間を気にせず仕事ができます。

 ランサーズ

ランサーズとは、企業と仕事を受けたい個人をウエブ上で仲介してくれる(クラウドソーシング)、お仕事依頼サイトのことです。

経験や資格のない初心者でもデーター入力や調査、レビュー作成などの作業を行うことができます。

入会金や月額費用がないので、仕事を探している人なら誰でも気軽に、無料で登録することができます。

仕事の内容は

  • ホームページなどのウエブ制作
  • ロゴ作成などのデザイン
  • アプリ開発
  • システム開発
  • ライティング
  • 単純作業など

141のカテゴリーの中から選ぶことができます。

仕事の進め方にはタスク方式コンペ方式プロジェクト方式があります。

タスク方式
一つの依頼に対して複数で仕事を進める方式のことです。

タスク方式の仕事は[初心者OK][カンタン][大量募集]のものが多く、気軽に作業を始めることができるので、始めての人にもお勧めです。

コンペ方式
クライアントの依頼に対して、直接提案をする方式のことです。

提案された中から、クライアントがもっとも気に入った提案が選ばれ報酬が払われます。

コンペ方式は提案しても採用されなければ、報酬を得ることができません。

コンペ方式に提案されたものは、一定期間、公開されます。

プロジェクト方式
まずは提案(見積り)を出します。

クライアントは見積り(価格・納期・内容)の中から、一番希望に近い提案を選びます。

経験や資格なども考慮されることがあります。

報酬を受け取るには…

ランサーズで受けた仕事が終了し、報酬の支払いが確定した時、受け取る報酬に対してシステム利用手数料が徴収されます。

10万円を超えることは中々ないので、20%のシステム利用手数料がかかると思ってください。

手数料が 20%取られてしまうのは痛いところですが、個人で仕事を探せるものではないので仕方がありません。

悲しい出費です。

報酬が振り込みされる銀行は、楽天銀行と、ゆうちょ銀行のみです。

▼楽天銀行について書いています▼
クラウドソーシングで仕事をするなら、ネット銀行が便利

受け取る報酬は

報酬 - (システム手数料 + 振り込み手数料)

になります。

銀行に振り込むには「自動出金方式」「キャリーオーバー方式」があります。

自動出金方式
振り込み条件を満たしている場合に、振り込みスケジュールに沿って自動的に振り込みが行われる方式です。

キャリーオーバー方式
自動的に次の締め日まで出金が繰り越されます。支払われません。

ランサーズは安全なサイトですが、中には素人目でも「怪しいな」と感じてしまう依頼もあります。(商品輸入代行とか、初心者OKなのにやたらと高い報酬だったり、逆にこの仕事にこの単価?と思うものなど)
焦らず、見極めることが必要です。

トラブルは避けたいですよね。

タスク方式の仕事はすぐに始められるものなので、人気があり、すぐに作業件数が定員に達します。

時間があるなら迷わず始めるのがいいと思いますよ。

自分の持っている資格・特技を活かして在宅で仕事をすることができるかもしれません。

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼