アンケートモニターなら小さい子どもがいてもできる仕事?

みなさん、こんにちは。

私が結婚してから始めた在宅の仕事(小さい子どもがいてもできる仕事)について書いていこうと思います。

私が在宅の仕事を探し始めたのは、三人目の二女が生まれてから。

二女は、私のことが大好きで、娘の見えるところに私がいないと「ママー、ママー」と、家中探してくれます。

赤ちゃんの時期は、つねに私の足元にいる感じで、活発に動き始める  2、 3歳の頃は、市の防災無線や竿竹屋さんの車の放送「さおだけー」が大嫌いで声が聞こえるともう大変。

「ママー、どこー?」と、大慌てで私を探して抱っこをせがみます。

不安なんですね。

他の家族がいてもダメです。

そんな娘がいるので、仕事を探すのも一苦労です。

私は、専業主婦です。

夫のお父さんが残してくれた一軒家があるおかげで、今までなんとか専業主婦でいることができました。

三人目が生まれてから、お金が財布から出ていくのが早くなりました。

もう、びっくりです。

子どもが二人だった時は、なんとか生活できたのに。

子ども達が大きくなり、たしかによく食べるようになったんですけどね。

世の中、子どもが三人いるとお金がかかって大変だといいますが、本当に笑っちゃうぐらいお金がかかります。

そんな心配性の末っ子がいるので、私が初めてした在宅の仕事はアンケートモニターでした。

多くの専業主婦が初めてする在宅の仕事ですね。

私もそんな一人です。

1円でも、10円でも、自分で稼ぎたいと思いました。

早速アンケートモニターの仕事をしてみようと思いましたが、ネットで探すことに最初は不安がありました。

内職も探したのですが、なかなか見つかりません。

ママ友に聞いてもないし、第一、内職についてネットで探してみると「詐欺」なんてワードが簡単に見つかります。

怖いですよね。

アンケートモニターは本当に安全なのか、もし、個人情報が漏れてしまったら、パソコンやスマホに知らない請求がきたら怖いし、沢山の体験談、知恵袋など、アンケートモニターの安全性を自分なりに調べてみました。

念には念を、ですよ。

自分の中で納得したのち、いろいろなサイトに登録しましたが、怪しいメールや請求書が届くなんてことはありませんでしたよ。

アンケートモニターとは?

アンケートモニターサイトは、企業やメディアからの調査依頼を受けて、登録されたモニターさんに「アンケート」という形で回答をお願いします。

回収された回答は統計情報として処理をします。

企業やメディアは、その回収された統計情報から商品開発、企画の方向性の決定、商品の改善に活用します。

実際に使っている消費者の心の声を聞くことによって、さらによい商品が出来上がるってことですね。

そう考えると意識も変わりますね。初めに登録した情報をもとに(年齢・性別・未婚既婚・子どもの有無・職業など)登録された専用ページに該当する人宛にアンケート(事前調査)の案件が送られてきます。

その中から自分が答えられるものに、どんどん答えていきます。

すると回答した中から、本調査のアンケートが届いてくることがあります。

本調査になれば、なかなか高い謝礼がもらえます。

サイトに登録すれば定期的にアンケートは届きますが、もたもたしていると回答しないうちに定員に達してしまい終了となってしまい、残念な思いをしてしまいます。

アンケートが届いたらなるべく早く回答するようにした方がいいでしょう。

みんな思うことは一緒で、これはと思うものはすぐに終わってしまいます。

登録したらまめに専用ページをチェックすることをおススメします。

登録はすべて無料です。


専用ページに送られてくる事前アンケート(調査)は、3~5円(3~5ポイント)と、単価がとても安いです。

それを頑張って回答していきます。

事前調査の結果、本調査になれば50~700円(50~700ポイント)と高くなっていきます。

手っ取り早く貯めるのには、座談会に参加するのが一番早いなと思いますが、なかなかそこまで腹を決められるほど決心がつきません。

次に単価の高い会場調査やホームユーステストなどがあります。

個別インタビューや訪問インタビューなどその名の通り、1対1、1対複数で話をする仕事もあります。

訪問インタビューは自宅に来られて話をしますが、とてもハードルが高いように感じます。

座談会

座談会は、指定された日時に指定された場所で行う調査のことです。

座談会の場合は、司会者の進行で複数のモニターさんがテーマに沿って自分の意見や思っていることを話します。

所要時間は 2時間程度。

謝礼は、5000円~10000円程度のものが多いです。

小さなお子さんがいる場合、知育系の座談会など子どもと一緒に参加できるものがあります。

そういうのは謝礼が他のものより高くなる傾向があると思います。

会場で謝礼を現金で貰えるものもあれば、後日ポイントとして付与される場合もあります。

会場調査

会場調査も座談会と同じく、指定された日時に指定されたアンケート会場に行って、アンケートを行う調査です。

大きい会場で座談会よりも参加する人数は多いです。

所要時間は、30分~1時間程度。

謝礼は、2000円~7000円程度のものが多いです。

会場で謝礼を現金で貰えるものもあれば、後日ポイントとして付与される場合もあります。

座談会会場調査ともに電車代込みの謝礼なので、会場から遠い人は参加が難しいと思います。

ホームユーステスト(商品モニター)

「参加についてのアンケート」から、調査スケジュールやサンプル品の内容を確認したうえで、「アンケートに参加できる」と答えた人の中から、抽選でサンプル品とアンケート依頼が送られてきます。商品を試用した感想・評価を回答していくアンケートです。

郵送調査(郵送アンケート)

アンケートの調査がネットではなく、郵便で送付や回収を行う調査のことです。


マクロミル


アンケート配信数がダントツ多い!アンケートモニターのサイトでは必ず上位に入ります。

最低換金は500ポイント(500円)から。

(初回交換は、300ポイント(300円)から換金可能)

振込手数料は無料!

アマゾンギフト券やTポイント、電子マネーに換金することもできます。


リサーチパネル


マクロミルの次にアンケート配信が多いと思います。

最低換金は300円からと安いですが、10ポイント1円(3000ポイント必要)なので間違えないように。

振込手数料は銀行にもよりますが50~200円(500~2000ポイント)必要です。

アマゾンギフト券やマイレージに換金することもできます。


キューモニター


創業50年以上!マーケティングリサーチ業界国内最大手の「インテージグル」が運営するアンケートサイト。

なんと、50ポイント(50円)から換金できるので、換金しやすさは一番!

50ポイントからの換金なのに銀行振込手数料は無料!

ポイント交換先は、デジタルギフト券や電子マネーなど豊富!


D STYLE WEB(ディースタイルウェブ)

座談会や会場調査、インタビューが多いサイトです。

振込手数料は無料ですが、銀行はジャパンネット銀行のみ。

500ポイント(500円)から換金可能。

アマゾンギフト券や図書カード、ギフトカードに交換することができます。


infoQ(インフォ―キュー)


GMOが運営するアンケートサイトです。

交換するものによって換金できるポイントが変わってきます。

銀行振込できるのは500ポイント(500円)から。

銀行によって振込手数料50~100円(50~100ポイント)が必要です。

面白いものでは…


【不満買取センター】


お小遣いアプリです。

その名の通り、いろいろなものに対して感じる不満を買い取ってくれます。

会社名や商品名を書くと、ポイントが加算されます。

換金できるのがアマゾンギフト券のみなのが残念なところ。

最低換金額は、500ポイント(500円)から。

交換完了まで1週間程度かかります。

個人情報、暴力的な表現、他のユーザーさんの投稿に対する不満などは買い取ってもらえない場合があります。

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼