任天堂 Wii U Miiverse(ミーバース)難民

任天堂 Wii Uの販売が終了し、ニンテンドー3DSとWii Uに用意されていたコミュニティと呼ばれる専用スペースMiiverse(ミーバース)のサービスも2017年11月8日に終了しました。

ミーバースを使っていましたか?

我が家の子ども達は、Wii Uで「スプラトゥーン」をやっていて、ミーバースで色々な人達とフレンドになってゲーム内で対戦したり、会話を楽しんだりしていました。

ミーバースとは、

Wii Uに内蔵されたネットワークサービスのことです。

世界中の人達がMii(オリジナルキャラクター、分身)で繋がっていて、ゲームの中での体験を様々な形で共有することができます。

子ども達は、ミーバースが終了するということで、とてもショックを受けていました。

今まで、ミーバースでフレンドになった人達は、意外に遠くに住んでいる人、想像していた年齢や性別が違かった人、はたまた海外に住んでいた人など様々です。

子ども達に

「これ、なんて書いてあるの?」

と、質問され見てみると、どうみても英語じゃない書き込みがあったりして。

「世界は広いなー」と、改めて感じさせられました。

フレンド申請は、見ていてとても簡単で、すぐさま友達になることができます。

外から見ていて「それでいいの?」と心配になってしまうほどです。

我が家の子ども達は三人で一つのゲームをしているので、仲のいいフレンドさんからは、「今のプレイの仕方は弟さん?」なんて書き込みがあります (^^)

長女は絵を描くことが好きなので、Wii Uのゲームパッドを使って絵を描きミーバースに投稿していました。

長女は投稿サイト「pixiv(ピクシブ)」にも絵を投稿しているのですが、ミーバースに投稿した方が反響があるようでとても喜んでいました。

そんな中でのサービス終了。

子ども達は、ミーバースのサービスが終了する前に、仲の良いフレンドさんとなんとかラインアドレスを交換していました。

 ミーバースのサービスが終了して

ミーバースのサービスが終了しても、我が家はswitchが買えていなかったので、そのまま遊んでいました。

ミーバースを開くと、こんなエラーコードが出ます。

寂しいですね (-_-)

ミーバースを利用していた人達はみなさん、どうしているのでしょう?

スポンサーリンク

 スイッチにはミーバース機能がない

今年3月に販売されたスイッチにはミーバース機能がありません。

スイッチにもミーバース機能が移行するのではないかと期待していたのですが、完全にありませんでした。

残念ですね (+_+)

子ども達は本当に楽しそうにしていたので無くなってしまったのは寂しい限りです。

スイッチでは、フレンドの登録をした人達にスマホにインストールしたアプリから「おさそい」をして、そのままボイスチャットで会話ができるようです。

子どもに、そのことを話すと反応はイマイチ。

ミーバースの「共感・共有」機能がゴッソリなくなって、ダイレクトに会話するのが嫌なようです。

見て楽しむ、参加する、周りの悪意のない反応を感じられる、それがよかったのではないかと思います。

ちなみにスイッチのこちらのサービス、2018年から有料になります。

▼こちらもどうぞ▼
2018年 任天堂switchのオンラインが有料化になる

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼