共通ポイントカードの使いやすさを調べてみました

とても便利な「共通ポイントカード」

初めて「共通ポイントカード」が登場した時、入会金や年会費などがあるものがあって、不満に思いながらも、そういうものなんだと諦めいていました。

最近はクレジット機能無し、入会金、年会費なしの純粋な「共通ポイントカード」が各社から出てきました。

これは消費者としては有難く、そしてやっと出てきたのかという思いです。

各社それぞれ違いを出そうと頑張っていますが、ポイントを貯めるのに違いがあるのでしょうか。

TUTAYA(ツタヤ)「Tカード」イオン「WAON POINT(ワオンポイント)カード」株式会社ロイヤリティ マーケティングが運営する「Pont(ポンタ)カード」を調べてみました。

 ポイントカードを貰うには

カードを一番貰いやすいのは「WAON POINT(ワオンポイント)カード」だと思います。イオンや提携店のいろいろなところに置かれていて、とても目につき手に取りやすいです。
私の場合、よく買いに行くミニストップで店員さんに勧められました。

次は「Pont(ポンタ)カード」です。提携店に案内と一緒に置かれています。

一番貰いにくく感じたのは「Tカード」でした。
今回、いろいろ調べてみてTUTAYA(ツタヤ)でも無料の「共通ポイントカード」が貰えることがわかりました。
お店に行き聞くと「身分証明書」が必要だといわれました。
これは、他の2件と違う対応。
あきらめず、ファミリーマートへ。
「無料の「Tカード」を貰えますか?」
と、聞くとむき出しのカードを貰えました。
でも、これからどのようにすればいいのかわかりません。
レジの周りに「Tカード」についての案内がありそうですが、あまりジロジロ見ることもできませんでした。

 ポイントを使うには

貰ったカードはポイントをそのまま貯めるのにはいいのですが、使うのには会員情報登録が必要になってきます。

一番は「Pont(ポンタ)カード」
ウエブサイト以外、ハガキや電話で会員情報登録することができます。
ネットを使うことが苦手な人には、とてもいいと思います。
他の2社とはそこが違うところです。
ウエブサイトから申し込む場合、リクルートIDが必要な点は残念。
ローソンでカードを貰った場合、ローソンの店頭にある「Loppi」で会員情報登録をすることもできます。

次は「WAON POINTカード」。
イオンの店頭またはウエブサイトでの会員情報登録になります。

最後は「Tカード」
TUTSYA(ツタヤ)では「身分証明書」を提示し、必要な情報を書いて提出します。
提携店で貰った場合は、ウエブサイトでの申し込みになります。
ウエブサイトでの申し込みは、Yahoo!JAPAN IDが必要です。
TUTSYA(ツタヤ)で無料の「Tカード」が貰えることは、あまり知られていないと思います。

 ポイントを貯めるのに違いがある!?

意外や意外。
ポイントを貯めるのにカードで違いがあります。
「Pont(ポンタ)カード」「Tカード」は提携店によって加算されるポイントが違います。

 貯めたポイントは交換できるの!?

「WAON POINTカード」以外、「Pontカード」「Tカード」では、ポイントの交換ができます。

「Pontカード」では、提携先のポイントを「Pontポイント」に交換したり、「Pontポイント」を提携先のポイントに交換することができます。
ポイントを商品に交換することもできます。

「Tカード」では提携先のポイントやマイルを「Tポイント」に交換できます。
ポイントを商品に交換することもできます。

「Tカード」を電子マネーとして使うこともできますが、使える場所が限られています。

私の独断と偏見で書かれています (^^)

私が行った店舗以外では、違う対応があるかもしれません。

ご了承ください。

各社いろいろなポイントプレゼントキャンペーンを行っているので、一度ウエブサイトを覗いてみるのもいいかもしれませんね  (^^)

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼