auスマホを解約したのにau WALLETクレジットカードの請求書が届いた!?

去年の12月いっぱいで三大キャリアのauから格安スマホのIijmioに乗り換えをしました。

機種の残高や乗り換えにかかる費用も支払い終わり、もうすっかり離れられたものだと思っていました。

ところが先月、27日にau WALLETクレジットカードの利用明細書が届きました。

寝耳に水とは、まさにこのこと。

au WALLETのクレジットカードは一度も使ったことはありません。

なにかの間違いじゃないかとすぐに中を確認しました。

封筒の中には利用明細書と振込票が入っています。

見てみるとお支払い合計額が1350円と書かれています。

なんの金額かと思えば「カード年会費」。

私のようにauのスマホを解約したのにau WALLETのクレジットカードからカード年会費の請求がきた場合、参考にしてみてください。

結果を書くと、電話を入れて年会費と次の月に送られてくる利用明細書の送付費用の支払いをしなくてよくなりました。

でもただ単に電話を入れただけでは、それで終わりにされてしまいますよ。

auのクレジットカード自体、私は一度も使ったことはありません。

カードの年会費は1350円なんで諦めて支払うこともできますが、使わないカードの年会費を払うことに納得できず、

「解約する時に、au ウォレットのポイントが失効するという話は聞きましたが、クレジットカードの話は聞かなかったような気がするのですが」

と、いいました。

クレーマーになるつもりも、ごねるつもりもなかったのですが、これがポイント。

解約する時に、カードの説明を受けたつもりがないのならハッキリいってみましょう。

すると

「クレジットカードの年会費の話がなかったということで、こちらの振込票の方を破棄していただけますか」

と、いわれました。

それも来月、送られてくるご利用明細書の送付費用 108円分の振込票も破棄していいことになりました。

いってみるものですね。

今まで納得できないことも理不尽に感じることも「申し訳ございません(そういう決まりです)」といわれてしまえば、それ以上いうことができないじゃないですか。

クレーマーになるつもりも支払いを拒むつもりもないですよ (*´з`)(何度も書きますが)

スマホの機種を変えた時に、さらりとウォレットカードやクレジットカードを作られたような気がします。

流されちゃダメですね~。

専業主婦なのでクレジットカードが今の時代、中々作ることができません。

専業主婦は基本、仕事をしていないので「支払い能力がないでしょう?」と、いわれてしまえばそれまでなんですけどね。

「なんかあった時、助かるかも」なんて本当に簡単に作ってしまったことを後悔しています。

調べたところ、au ウォレット クレジットカードの審査はとても甘く、よほどのことがないかぎり作れないことはないそうです。

カードを作る時、ポイントが貯まるとか色々いわれてその気になってカードを作ってしまたのですが、散財しない為にも使わないカードは極力作らないほうが後々面倒なことにならないと感じました。

ちなみに、送られてきた請求書の中に入っていた「よくいただくご質問」を確認すると、

au携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅらのいずれかをご契約のお客さまは年会費無料です(家族カードを含む)。ただし、au WALLET クレジットカードにご登録されているau IDに紐付く上記au回線契約がすべて解約・一時休止・譲渡などされた場合は、年会費1250円(税別)かかります。

と書かれています。

やはり解約すると年会費がかかるようですね。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼