Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kym40/kym40.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

Google様の気まぐれ!?突然検索圏外に飛ばされた!?原因がわからなかった時に行った3つの方法

連続投稿ではありませんが、ブログを50記事58日間かけて投稿しました。

ブログの連続投稿に挑戦!37日で30記事、21日で20記事、合わせて50記事投稿した結果

私の中でこの経験があったおかげで、私がこの先どの様に運営していけばいいのかわかるようになりました。

クリック数も少しづつですが伸びていきます。

努力が実を結んだのだととても嬉しかったのですが、最近、伸び悩んでいるような…。

まさかと思い、検索してみるとブログ記事が出てこない。

20位、30位…、「圏外に飛ばされた」、すぐに気が付きました。

一般的な原因

一般的にGoogle様が検索順位を下げる、圏外に飛ばす原因といわれているのはこちら。

  1.  Googleアルゴリズムの変更
  2.  ペナルティを受けている
  3.  サイトコンテンツの問題
  4.  robots.txtの問題
  5.  有害な被リンク
  6.  有害な発リンク
  7.  セキュリティの問題
  8.  リダイレクトの問題
  9.  SSL証明書の問題
  10.  レンタルブログの問題
  11.  SEOツールの問題
  12.  環境の問題

今回、グーグルのアルゴリズムが変わったわけでも、ペナルティを受けたわけでも、コピーサイトでもありません。

一般的な原因に当てはまらないんですよね。

一般的な原因に当てはまらない

私のブログは、確実に上がっていたクリック数が突然減っていきました。

サーチコンソールを見ると表示回数もグッと下がっています。

これはマズイ。

慌てました。

今までずっと301リダイレクトの処理をしていなかったので閲覧数が抑えられクリック数が振るわなかった体験が頭をよぎります。

search console「ぺージにリダイレクトがあります」と出たらの対処法

もう、絶対、あの時のような状況になりたくない!!

それだけでした。

私は慌てて、プラグインの設定を何度か変えてみたり、やってはいけないことをやってしまいました。

調べたら、なにもせず数日様子を見るようにと書かれていました。

なんてこった。

悪循環の始まりです。

色々設定をいじるとグーグルが「なにかあるのか」と勘違いして余計状況を悪化させてしまうことがあるそうです。

恐ろしい。

スポンサーリンク

圏外に飛ばされている間にやったこと

一般的な原因にどれだけ調べても当てはまる要素がなにもなかったので、私が行ったことを3つ紹介します。

1.ひたすら耐えて投稿する

とにかく、グーグルに認めてもらえるように、記事を投稿し続けました。

今まで頑張って記事投稿を続けてブログ運営を頑張っていたのに、突然、検索が圏外になる。

こんな最悪のことはありません。

でもそこで、ブログ投稿を止めてしまってはもったいない。

グーグルに再評価してもらえるように、投稿し続けました。

2.サーチコンソールのエラーに対応する

ただただ「忍」の一文字なので、この際、気になるエラーの対応もすることにしました。

私の場合、除外が多いんですよね。

「noindex タグによって除外されました」は、私がカテゴリーなどをnoindexしているので問題ではありません。

パーマリンクの変更をしたのでブログで301リダイレクトしたのですが、中々「ページにリダイレクトがあります」が消えません。

他にも「クロールエラー」や「クロール済み – インデックス未登録」があるので、それらの対応をすることにしました。

3.過去記事のリライト

過去に投稿した記事のリライト(修正)すると評価がグッと上がるそうです。

なんでもグーグルでの賞味期限はブログ投稿してから3年ほどといわれていて、それを過ぎると過去記事として膨大なデータの中に消えていってしまうそうです。

そこでリライトが必要になっていきます。

私もブログを始めて2年半以上が過ぎようとしています。

リライトするにはちょうどいい時期ですね。

しばらくしたら、少しづつですが検索結果で表示されるようになりました。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼