Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kym40/kym40.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

search console「ぺージにリダイレクトがあります」と出たらの対処法

普段からGoogle search consoleのお世話になっています。

ブロガーの強い味方ですね。

今回、カバレッジの除外、「ページにリダイレクトがあります」をインデックス登録する方法をご紹介します。

記事を多く投稿することに気を取られ、おざなりになっていましたが、閲覧数が伸び悩んでいる今、カバレッジの除外、「ページにリダイレクトがあります」に対応しようと思いました。

他のブロガーさんを確認してみると、「特になにもすることがない」と書かれてありますが、インデックスされていないことに変わりません。

グーグルにインデックスされていないので、表示されない、検索順位にも影響が出るので対処することにしました。

カバレッジを見てみると

Google サーチコンソールには、検索パフォーマンスの下にカバレッジがあります。

いつも何気に見ているだけで、どうしてこのような結果になってしまったのかあまり考えていませんでした。

しかし、それにしても閲覧回数が増えない。

記事数も200になりましたが、余りにも少ないので本腰を入れて対処することに決めました。

search consoleヘルプを見てみると今回問題の除外は、

除外: ページはインデックスに登録されていませんが、作成者の意図どおりと見なされます。たとえば、noindex ディレクティブによって故意に除外されている場合や、すでにインデックス登録済みのサイトの正規ページと重複している場合などです。

ステータスが除外であるページは通常、インデックスに登録されません。つまり、インデックス登録しないのが適切であると Google が判断したページがこの項目に該当します。こうしたページは、インデックスに登録済みのページと重複している、サイトのなんらかのメカニズムによってインデックスに登録できない、エラー以外のなんらかの理由でインデックスに登録できない、のいずれかに該当します。

と、書かれています。

ブログ運営者が色々考えてあえてインデックス登録させないようにしているとグーグルが判断しているということのようです。

グーグルにブロックされていないだけまだましなのかもしれませんが、ブログを一生懸命更新しているのに登録されていないってあまりにも悲しすぎます。

まず始めに今回解決したい問題は、「ページにリダイレクトがあります」です。

こちらを見てみると、

ページにリダイレクトがあります: URL はリダイレクトであるため、インデックスに登録されませんでした。

説明文がたったこれだけしかありません。

しかし、よくよく考えてみるとその昔、パーマリンクを変更した記憶があります。

ドメインの後ろ【kym40.com/】(私だと)、赤く囲ってある部分がパーマリンクです。

初期設定のパーマリンクが嫌で変更したのですが、その時、面倒くさくって「301リダイレクト」の設定をしていなかったんですよね。

他のブロガーさんが「302のままでもしばらくすると落ち着いてくるよ」と、書かれていたのをバカ正直に信じていました。

いや、イヤ、イヤー、自分のせいです。

「なんとかなるでしょう」と、なにも考えていなかった結果です。

面倒くさくても自分のブログです。

閲覧数が伸びない原因にちゃんと取り組まなかったから、今さらこんな状態になってしまったわけです。

理由がわかれば行動あるのみ。

スポンサーリンク

302を301に変更する

テキストエディターでPHPファイルはすでに書き換えずみ、そこで止まっていました。

書き換えた「ylsy_permalink_redirect.php」ファイルをアップロードするだけです。

FTP転送ソフトを使ってアップロードしていくのですが、エックスサーバーには

テキストファイルに直接書き込むことができるんですよ。

スポンサーリンク

アップロード方法

エックスサーバーでファイルをアップロードする方法をご紹介します。

エックスサーバーで、ファイルマネージャーにログインします。

上にある「ログイン」をクリックし、「ファイルマネージャー」を開き、「FTPユーザーID」と「FTPパスワード」を入力しログインします。

サイトを選んでクリックします。

「public_html」をクリックします。

「wp-content」をクリックします。

「plugins」にチェックを入れ、「ファイルを選択」をクリック。

書き換えた「ylsy_permalink_redirect.php」ファイルを選択し、アップロードをクリックします。

アップロードの完了です。

これでリダイレクトは出なくなるはずです。

同じ「カバレッジ」-「除外」の中に、「見つかりませんでした(404)」も出現しましたが、パーマリンクを変更すると出てくるようです。

今回、301リダイレクトしたので、しばらくすれば消えてしまうと思います。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼