Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kym40/kym40.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

アドセンス、せっかくクリックしてもらっても単価が1円の原因・改善方法は?

ブログを運営している人達のほとんどが導入しているGoogle AdSense(グーグルアドセンス)。

文章を書いて収入が得られたら、これ程おいしい副業はありませんよね。

しかし、アドセンスをブログに導入しても1日の収益額が1円なんてことありませんか。

毎日の積み重ねが大切なのはわかりますが、子どもの貯金箱の中のような金額に肩を落とすのは初心者ブロガーあるあるで、誰もが通る道なんです。

1日の収益額が1円になる原因

1日1円、1ヶ月で30円…。

アドセンスの収益が受け取れるのは収益が8000円以上になってからです。

こんな少額な金額ならアンケートモニターを地道にした方がましかもしれないと思ってしまいます。

1日の収益額が1円になる原因は、

  • 自身のサイトのライブ広告をクリックしてクリック数やインプレッション数を増やした可能性がある場合
  • 1人以上のユーザーが繰り返しクリックして、クリック数やインプレッション数を増やしている場合
  • 自身のサイトの広告をクリックするよう誘導した場合(例: 広告をクリックするようユーザーを誘導するあらゆる言葉、大量の偶発的クリックを誘発する広告掲載など)
  • 自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボット、その他の不正な行為を行うソフトウェアを使用している場合

などが考えられます。

そして、もう1つ考えられるのが、ミスクリックです。

記事を読んでいて間違えて広告をクリックしてしまったことはありませんか?

それが、ミスクリックです。

間違えて広告をクリックしてしまうと、すぐに戻ってしまいますよね。

なんでもグーグルは移動した広告主のサイトを何秒で戻ったか計算しているそうです。

すぐに移動した場合、ミスクリックと判断され、収益にならないことがあります。

ミスクリック以外で不正にクリック数を増やした場合、アカウント停止、または無効化になってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

インプレッション単価広告の可能性もある

アドセンスの広告には、インプレッション単価広告というのもあります。

AdSenseヘルプでインプレッション単価広告について書かれています。

インプレッション単価とは、「表示回数 1,000 回あたりの単価」です。 インプレッション単価広告を掲載する広告主様は、表示回数 1,000 回あたりに支払う価格を設定し、広告を表示するプレースメントを選択します。料金は広告が表示された回数に応じて発生します。

クリックされていないのに1、2円などの収益が発生さていた場合、このインプレッション単価広告が表示されている可能性があります。

スポンサーリンク

クリック単価が低下したと感じた時の対処法

クリック単価が低下したのが原因で収益が低下していると考えられる場合、こちらを一度確認してみるのがいいでしょう。

広告サイズの確認

パフォーマンスのよい広告サイズを使うと、クリック単価やクリック率が改善されます。最も効果的な広告サイズは、720×90、336×280、160×600、320×100(モバイルバナー)です。

必要以上に広告をブロックしていないか確認

ブロックする要素(広告主、広告ネットワーク、一般カテゴリ、デリケートなカテゴリ)が多すぎると、広告枠に入札できる広告主の数が減るため、クリック単価が低下する可能性があります。

他に対処法としては、アドセンスの広告枠を増やしてみる。

季節的な影響を受ける広告も存在します。

そのような場合、各四半期の前半には、クリック単価が低下する可能性があります。

ところでアドセンスのレポートでは、クリック率やクリック単価を確認する方法があるんですよ!

知っていましたか?

これを使わない手はありませんよ!

■アドセンスのレポートでクリック率・単価を確認する方法

画像を使って説明したかったのですが、グーグルの規定があるので今回は使うのをやめさせていただきます。

  1. アドセンスにログイン後、左側にある「レポート」をクリック。
  2. 「アカウント全体(日単位)」を選択。
  3. 表示されたレポートで「クリック数」をクリック。
  4. 「CPC」、「クリック率」を選択。
  5. 右上にあるカレンダーを確認したい期間に変更。

「CPC」とは、「Cost Per Click」の略で日本語では「クリック単価」になります。

カレンダーは、1年間設定するとクリック単価低下の正確な時期を特定できるようになるので、どのような変更がクリック単価の低下につながったのかを把握することができるようになります。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼