WordPress ブログ パーマリンクの設定 見た目かSEO対策を優先するか

ワードプレスで作成された記事には、それぞれ固有のURL(アドレス)が付きます。

初期設定されている「デフォルト」のURL以外に、自分自身で設定することができます。

このURLをどのように設定するかを決めるのがパーマリンクの設定になります。

ドメインの後ろ(kym40.com/)、赤く囲ってある部分がパーマリンクです。

投稿名や年月日、数字を組み合わせたものがあります。

▼こちらもどうぞ▼
WordPress 最強プラグインでパーマリンクの設定を変えてみる

 色々なパーマリンク

色々な人のサイトを見に行くと、その人それぞれ、パーマリンクの付け方が違います。

パーマリンクは、サイト名やドメインなどと同じく、そうそう変更するものではありません。

パーマリンクを変更しても検索エンジンはそんなの理解してくれません。

パーマリンクを変更すると検索エンジンに前のパーマリンクはそのまま残っています。

その記事をクリックすると、「記事が見つかりません」とエラーが出てきます。

俗にいう「404エラー」です。

これってとても損なことですよね。

クリックしてくれた記事は存在するのに、パーマリンクが変更された為に、記事を閲覧することができないのですから。

ブログ内に貼っている内部リンク、他のサイトが貼っていてくれている外部リンクも変更が必要になってきます。

ワードプレスでブログを始めたなら、パーマリンクは早目に決めた方が後々困りません。

スポンサーリンク

SEOに強い

パーマリンクの付け方について調べてみると

カテゴリー名投稿名

http://ブログ名/sample-category/sample-post/

投稿名

http://ブログ名/sample-post/

が皆さん、お勧めのパーマリンクの付け方のようです。

SEO対策を意識してパーマリンクを設定する場合、「/」を少なくして階層を浅くした方がいいのだとか。

まさに理想ですね。

しかしこちら、カテゴリー名や投稿名を一度付けたら変更することがないことが条件になります。

どうでしょう?

ネーミングセンスが問われますよ。

私的には、後々変更したくなるような気がします。

第一、投稿名を付けるのに悩みそうなんですよね。

日付を使う

カテゴリー名や投稿名を考えるのが面倒な場合、パーマリンクに日付を使うことがあります。

私も面倒くさくて日付を考えました。

パーマリンクは、こんな感じになります。

http://ブログ名/year/monthnum/day/

とてもシンプルでいつ投稿されたのかもわかり簡単ですね。

しかし、でもこちら、ワードプレス的にはよくないようです。

WordPress日本語版 パーマリンクの使い方には、

一日に一投稿しか公開しないので %year%%monthnum%%day% というパーマリンクを使用したいと思うかもしれませんが、このリンクはその日の全投稿のアーカイブ(保存、記録)として生成されることに注意してください。個別投稿へのリンクは、少なくとも %year%%monthnum%%day%%hour% にする必要があります。

と、書かれています。

パーマリンクに年月日を使うと、個別記事と思われず、記事一覧にされてしまう可能性があるそうです。

パーマリンクは、年月日のみにするのは止めておいた方がいいようです。

もし付けるのなら、年月日時間までにする必要があります。

http://ブログ名/year/monthnum/day/hour/

ですね。

ただ日付をパーマリンクにした場合、日付から古い記事と判断されることもあるそうで、SEO的にはどうなのかといわれています。

それに「/」が多くなって階層が深くなっていますね。

お勧めできないパーマリンク

・日本語を使う

こちらどのサイトを見に行っても、まず止めた方がいいといっています。

そのように言われる理由は、

・404エラーが起きる(WordPressのバージョンによります)

・はてなブックマークや他サイトでの引用で404エラーが起きる

・日本語部分がHTML表記された時に、エンコードされURLが長くなる

からです。

見た目、わかりやすいのですが、HTML表記になった時にやたらと長い英数字と%の表記になり意味がわからず余りいいものではありません。

「パーマリンクの使い方」という日本語タイトルのパーマリンクを設定した場合、

https://ブログ名/パーマリンクの使い方

エンコード化されると

http://ブログ名/
%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3・・・・%AF%E3%81%AE%E4%BD%BF%E3%81%84%E6%96%B9

になります。

長いし、何と書かれているのかわかりませんね。

・投稿の固有ID

使っているサーバー内で独自に付けてくれる番号ですね。

私は投稿の固有IDは、ワードプレスが決めてくれているワードプレス内でしかわからない番号だと勝手に思っていました。

しかしこれ、画像、下書き、自動保存などに対して割り当てられる番号で使っているサーバーが付けているらしいのです。

私は結構保存をする人なので、この番号が増えていくことが怖くて変えてしまいました。

サーバーを移転するつもりのない人には関係のない話ですが、サーバー内でIDを付けているので、サーバーを移転する時に不具合が生じます。

私のパーマリンクは、

http://kym40.com/カテゴリー名/年/月/日/時分秒/

です。

SEO的にはよくないですね。

「/」が入り過ぎています。

でも、自分的にはわかりやすいので、管理しやすいと思っています。

SEO的に最強にするのか、管理しやすいようにするのか、それはブログを運営している人それぞれです。

ブログを運営し始め、記事が増えていくとパーマリンクの変更はとても面倒な作業になるので、「ドメイン」、「ブログタイトル」などと一緒に早目に決めることをお勧めします。

スポンサーリンク

 Googleが勧めているパーマリンクとは

検索エンジンのグーグルがどう思っているのか気になりますね。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)のヘルプには、

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

と、書かれています。

誰が見てもわかりやすく、シンプルがいいと書かれています。

だから皆さん、パーマリンクにこだわっているのですね。

パーマリンクの設定方法

パーマリンクにカテゴリー名を使う場合、スラッグを日本語以外(半角英数字とハイフン(-))に設定する必要があります。

カテゴリー名の設定方法

「投稿」-「カテゴリー」をクリックします。

「名前」に「カテゴリー名」を入力して、「スラッグ」にはパーマリンク用に半角英数字とハイフン(-)で、パーマリンクを見た時にどんな内容か判断しやすい名前を入れます。

「新規カテゴリーを追加」をクリックします。

パーマリンクの設定

パーマリンクを設定していきましょう。

「設定」-「パーマリンク設定」をクリックします。

パーマリンクの設定は色々ありますが、自分で決めたい場合は、「カスタム構造」をクリックして入力し「変更を保存」をクリックします。

WordPress日本語版 パーマリンクの使い方には構造タグが書かれています。

構造タグ

%year%
投稿された年を4桁で取得します。例えば、2004です。
%monthnum%
投稿された月を取得します。例えば、05です。
%day%
投稿された日を取得します。例えば、28です。
%hour%
投稿された時(時間)を取得します。例えば、15です。
%minute%
投稿された分を取得します。例えば、43です。
%second%
投稿された秒を取得します。例えば、33です。
%post_id%
投稿の固有IDを取得します。例えば、423です。
%postname%
投稿の投稿名を取得します。
%category%
投稿のカテゴリーを取得します。サブカテゴリーは入れ子にされたディレクトリとして取得されます。
%author%
投稿の作成者を取得します。

これらを使って、カスタム構造で組み合わせて使います。

カテゴリー名 + 投稿名

http://ブログ名/%category%/%postname%/

投稿名

http://ブログ名/%postname%/

年月日時間

http://ブログ名/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%/

ブログを始めると、「タイトル」や「ドメイン」以外に、「パーマリンク」を決めないといけません。

パーマリンクの見た目をとるかSEO対策をとるか、ブログを続けていると常に考えることになりそうです。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼