アドセンスの広告が上手く表示されないのはキャッシュが原因かも

Google AdSense(グーグル アドセンス)の広告を記事内に載せていますが、たまに広告が上手く表示されないことがあります。

WordPressでブログを書いているのですが、広告が表示されないのは決まって記事を公開した後、広告の表示場所を変更した時です。

「更新」を押して確認をすると、広告が消えてしまいます。

表示されるのは、広告に追加した「スポンサーリンク」のみ。

どうしてそうなるのかブログを始めたばかりの私にはわかりませんでした。

私は結構こだわりがあって、記事内に載せるAdSenseの広告は自分で決めた場所に挿入したいと考えています。

アドセンスのコードをそのまま貼り付ける方法もありますが、アドセンスのコードは少しも変更してはいけないので、記事内に挿入するならプラグインを使った方が安全で、なおかつ簡単です。

アドセンスの広告を表示するのに沢山プラグインがあるのですが、自分で決めた場所に自由に表示させるというのが中々ないんですよね (*´з`)

こだわりを捨ててしまえばいいのですが、やはり自分の好みの場所に広告を入れたいと考えていました。

色々探した中で「AdSense Integration WP QUADS」というプラグインを見つけました。

こちらのプラグイン、「AdSense Manager」の代わりを担うプラグインと呼ばれていて、アドセンスのコードをショートコード化して自由に記事内に貼り付けることができます。

自由に貼り付ける以外に、記事上、記事中、記事下など場所を決めて広告を自動で挿入することもでき、とても使い勝手のいい優秀なプラグインです。

色々なサイトでみなさん、とてもお勧めしていますね。

やっと自分好みに広告を表示することが出来ると使い始めましたが、これが中々上手く使いこなすことができません。

アドセンスの広告が上手く表示されない原因は、

・表示できる広告数を上回っている

・アドセンスのコードを作成したばかり

・記事に成人向け、反社会的な言葉が含まれている

・広告コードを編集、改造している

・JavaScriptが無効になっている

・広告コードがサイトに正しく挿入されていない

などの原因が考えられるようです。

アドセンスの広告が上手く表示されないことがみなさんあるようですが、私の場合、どれも当てはまりません。

だって、投稿した時はちゃんと広告が表示されているんですよ (*´з`)

広告が上手く表示されない原因をいくら検索しても答えは出ず、「AdSense Integration WP QUADS」をインストールし直して広告を貼り付け直したりしていました。

そんな中、「キャッシュが原因ではないか」と、いうことにたどり着きました。

 キャッシュとは

初めて訪れたサイトには、画像などを読み込むのに時間がかかると感じることがあります。

しかし、それが2度目からはサクサクとすぐに、表示されると感じませんか?

パソコンは、一度訪れたサイトの情報をパソコン内で一時的に保存してくれています。

それを「キャッシュ」と呼びます。

情報を一時的に保存することによって、次回訪れた時に、そのサイトの情報を素早く表示することができるようになります。

その為、たまに情報を更新(リロード)したり、キャッシュを削除したりしないと、画像などが上手く表示されないことがあります。

スポンサーリンク

 キャッシュの消し方

キャッシュの削除をしなくても、最新の情報を更新する(リロード)方法があります。

キーボードの「F5キー」です。

それが上手くいかない時は、「Ctrl キー」を押しながら「F5キー」を押す(スーパーリロード)があります。

キャッシュの削除を行う前に簡単なので、まずはこちらの方法を先に試してみるのもいいかなと思います。

使用しているブラウザ(インタネットに繋げるソフト)によってキャッシュの削除方法は変わってきます。

Google Chrome(グーグルクローム)

Google Chromeを開きます。

右側にある「三つの点」をクリックします。

「その他のツール」-「閲覧履歴を消去」をクリックします。

設定画面に変わった後、

「閲覧履歴データを消去する」が表示されます。

「閲覧履歴データを消去する」は、「基本」と「詳細設定」があります。

「期間」を選ぶことができます。

「1時間以内」「過去24時間」「過去7日間」「過去4週間」「全期間」の中から選べます。

「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れて「データを消去」をクリックします。

これで、Google Chromeのキャッシュは消去されました。

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)

Internet Explorer11(インターネット エクスプローラー)の後継として、Windows10の公式ブラウザにいつの間にか変わっていました。

右上にある「三つの点」ー「設定」をクリックします。

「設定」をクリックします。

「閲覧データのクリア」をクリックします。

「キャッシュされたデータとファイル」ー「クリア」をクリックします。

これで、Microsoft Edgeのキャッシュは消去されました。

Firefox(ファイアーフォックス)

メニューボタン「三本の線」をクリックし,「オプション」を選択します。

「プライバシーとセキュリティ」パネルを選択します。

キャッシュされたウエブページセクションで、「今すぐ消去」をクリックします。

about:preferencesを閉じます。

変更した設定は、自動的に保存されます。

Firefox終了時に自動的にキャッシュを消去するように設定することができます。

Cookie(クッキー)は、ウエブサイトのIDや暗証番号などを記憶していてくれるものなので、消さない様に気を付けて下さい!

ブログをしていると画像を表示することが多々ありますが、画像の表示がおかしかった場合、キャッシュが関係していることがあるので、そういう場合もキャッシュの削除を試してみてください。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼