WordPress プラグイン WordPress Ping OptimizerでSEO対策

Pingは、「ピン」と読みます。

Ping送信すると、

  • Pingサーバーを用意しているサイトに登録することによって被リンクが得られる。
  • 記事を公開した時に、いち早くインデックスされるので検索エンジンに気付いてもらうことができる。

と、いわれています。

Ping送信は、「今どき、SEO対策にはならない」と書いている人もいますが、WordPress(ワードプレス)で記事を書いている人には、とても大切なものの一つです。

始めたばかりのブログは、検索エンジンが立ち上げたことに気付いてくれず、クロール(巡回)してくれるまで時間がかかります。

訪問者がいないブログを運営していくのは、精神的にとても辛いです (T_T)

検索エンジンに気付いてもらうために、頑張ってリンクを貼っていくという地道な作業をしていかなければなりません。

初めの頃は訪問者は本当に少なくて、なにがいけないのか本当に悩みググりまくりました (T_T)

同じワードプレスプラグイン「WebSub/PubSubHubbub」はGoogleに記事を素早くインデックスしてくれます。

一緒にSEO対策の一つとして導入してみるのはいかがでしょうか。

▼こちらもどうぞ▼
WordPress プラグイン WebSub/PubSubHubbubでGoogleに記事を素早くインデックス

 WordPressのPing送信

WordPress(ワードプレス)には元々、Ping送信機能がついています。

このPing送信機能、記事を更新するたびにPingを送信してしまいます。

公開した記事を更新するたびにPingを送信してしまうと、検索エンジンからスパム(迷惑メール)扱いされてしまう恐れがあります。

ワードプレスプラグイン「WordPress Ping Optimizer」を導入すると、Pingの送信は記事を公開した時のみ。

後の送信を止めてくれます。

▼私が登録しているPing送信先はこちら▼
WordPress SEO対策の一つPing送信

スポンサーリンク

 インストールして有効化します

ワードプレスを開き、左側、「プラグイン」ー「新規追加」をクリックします。

「WordPress Ping Optimizer」を検索します。

「WordPress Ping Optimizer」の「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

画面が変わったら、「プラグインを有効化」をクリックし、「有効化」にして下さい。

「プラグイン」ー「インストール済みプラグイン」で有効化しているのか確認することができます。

水色に変わっていれば、有効化しています。

スポンサーリンク

 Pingを設定してみよう

「設定」-「WordPress Ping Optimizer」をクリックします。

画面が変わったら、Pingを入力し、「Save Settings」をクリック。

設定はこれだけです。

Pingがちゃんと送信できるのか心配な時は、「Enable pinging」のチェックを外し、「Save Settings」の隣にある「Ping Now」をクリックしてみて下さい。

この画面の下の方にスクロールすると、Pingがちゃんと送信されているのか確認をすることができます。

赤枠で囲まれたのが送信したPingです。

青文字で表示されているので、無事送信されたとわかります。

普段「公開」をクリックして送信されるPingは、こちらの赤枠で囲まれた青文字で表示されます。

こちらも無事送信されました。

もしこの文字が赤だった場合は、なんらかの理由で送信されなかったと思われます。

青文字をクリックすると、

送信されたPingが表示されます。

送信できれば青・緑で表示され、赤で表示されれば、なんらかの理由で送信されなかったと考えられます。(送信先のPingサーバーがサービス終了している可能性があります)

見てもらうとわかるように、今書いている記事は「下書きとして保存」をしているのにもかかわらず、Pingが送られています。

それを「WordPress Ping Optimizer」が送信しない様に「NOT Pinging」しています。

ワードプレスは下書きも送信しているんですね。

「WordPress Ping Optimizer」を導入して初めて知りました (~_~;)

私は結構コマメに「下書き保存」しているので、これらがスパム扱いされていたかもしれないと思うと、とても怖いです (◎_◎;)

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼