WordPress プラグイン Pixabay Imagesでアイキャッチ画像を設定

最近、WordPress(ワードプレス)のテーマをSimplicity(シンプリシティー)に変えました。

Simplicity2(シンプリシティー)には、記事見出しにアイキャッチ画像を設定してくれる機能があります。

アイキャッチ画像があるとメリハリがあっていいですね (^^)

せっかくの機能なので上手に使いたいのですが、この小さな画像、ちょっとした作業なんですが、意外と大変なんです。

自分が撮った写真をアイキャッチ画像に使ってみたのですが、なんか違う感じがします (-_-)

イメージが違うというか、なんかしっくりこないんですよね~。

著作権フリーの画像を探すのも中々大変で、アイキャッチ画像も決まらず、「NO IMAGE」のまま放っておくのもなっと思っていたところWordPressのプラグインにロイヤルティフリーのプラグインを見つけました。

「Pixabay Images」です。

 著作権フリーとロイヤリティフリーの違い

著作権フリーとは

「自然発生する著作権を著作者が自ら放棄した作品」あるいは
「著作者の死後50年が経過し、パブリックドメインとなった作品」
であり、著作権フリーとなった著作物は誰でも自由に使えるということ。

ロイヤリティフリーとは

「ロイヤルティ」には「特許権/著作権/印税/使用料」という意味があり、「ロイヤリティーフリー」とは、その『本来であれば毎回は払わなければならない使用料(ロイヤルティ)』が無料(フリー)になっているという意味です。

「著作権フリー」は著作権を放棄、「ロイヤリティフリー」は著作権を放棄せず使用料が無料ということのようです。

難しいですね。

「著作権フリー」も「ロイヤリティフリー」も同じ意味で使われることが多いようなので、それぞれの画像を提供していてくれている企業の利用規定に目を通すことが一番確かなようです。

「Pixabay Images」を提供しているPixabayはどうでしょうか。

Pixabayとは

Pixabayは著作権のない画像や動画を共有する、活気のあるクリエイティブコミュニティです。すべてのコンテンツはクリエイティブコモンズCC0の下で公開されています。これにより、たとえ商業目的であっても、許可を求めたりアーティストに信用を与えることなく安全に使用できます。

Pixabayの画像を使っても大丈夫?

これらの画像は、商用、非商用を問わず、コピー、改変、再配布することができます。利用に関する許諾や使用料の支払いは必要ありません。しかし、画像の中には商標やパブリシティ権、プライバシー権などに基づき保護されているものが含まれます。

Pixabayの写真をFacebookや他のSNSで利用しても大丈夫?

Pixabayに掲載されているイメージを、Facebookなどのソーシャルメディアで使うことが出来ます。

Pixabayの画像はブログ以外にも色々使えるようです (^^)

スポンサーリンク

 インストールして有効化しましょう

ワードプレスを開き、左側、「プラグイン」ー「新規追加」をクリックします。

「Pixabay Images」を検索します。

「Pixabay Images」の「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

画面が変わったら、「プラグインを有効化」をクリックし、「有効化」にして下さい。

「プラグイン」ー「インストール済みプラグイン」で有効化しているのか確認することができます。

水色に変わっていれば、有効化しています。

 「Pixabay Images」の設定

「Pixabay Images」は最近更新して、細かい設定がなくなり、スッキリしました。

「設定」-「Pixabay Images」をクリックします。

設定は3つだけ。

  • Language(言語) : 日本語
  • Attribution(画像の属性) : クレジット表記の有無
  • Button(ボタン) : 投稿画面に「Pixabay」ボタンを表示するか

設定したら「変更を保存」をクリックします。

簡単ですね (^^)

Attribution(画像の属性)にチェックを入れると、上の画像のようにクレジットが表記されます。

Button(ボタン)にチェックを入れると、「メディアを追加」の横に「Pixabay」ボタンが表示されます。

スポンサーリンク

 Pixabay Images」を使ってみよう

早速、「Pixabay Images」を使ってみましょう。

アイキャッチ画像が入っていない「NO IMAGE」の部分に画像を設定したいと思います。

投稿画面の「メディアを追加」の横に表示される「Pixabay」ボタンをクリックします。

「Pixabay Images」の検索画面から、キーワードを入力して検索します。

日本語でも検索できますが、英語で検索した方がより多く表示されるようですよ。

表示された画像の中から好きな画像を選び、クリックしましょう。

「アイキャッチ画像として使用」をクリックし、「すべての変更を保存」をクリック。

「アイキャッチ画像」以外に、文中にも挿入することができます。

文中に挿入する場合は、「投稿に挿入」をクリックして下さい。

「アイキャッチ画像」が設定できたことが、右側で確認することができます。

「アイキャッチ画像」を設定することができました。

ちなみに、右側にある「アイキャッチ画像を設定」をクリックすると、今まで登録したアイキャッチ画像一覧が表示され、その中から選ぶことができます。

 simplicity(シンプリシティー)でアイキャッチ画像を設定してみる

ワードプレステーマのsimplicity(シンプリシティー)では、記事の最初に挿入された画像を自動でアイキャッチ画像にしてくれる機能があります。

「外観」-「カスタマイズ」をクリックします。

「画像」をクリック。

「アイキャッチを自動設定」にチェックを入れ、「保存して公開」をクリックします。

これだけで、記事の最初に挿入された画像をアイキャッチ画像として自動で表示されるようになりました。

簡単です (^^)

アイキャッチにも記事にも使えるロイヤリティフリーの画像なので、お持ちの画像を増やすのにお勧めのプラグインです。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼