WordPress プラグイン EWWW Image Optimizerで画像を圧縮

ブログを続けていると、記事の投稿数が増えていきます。

それと同時に、画像の枚数も増えていきます。

ブログを運営するうえで、画像の存在は大きなものです。

画像があることで記事にメリハリがつきますし、読み手にどのような記事なのか想像してもらうことができるからです。

ところで、ブログの表示速度に、画像サイズが関係していることをご存知ですか?

今回紹介するWordPress(ワードプレス)のプラグイン「EWWW Image Optimizer」はアップロードされた画像を圧縮することで記事の表示速度を向上してくれます。

「EWWW Image Optimizer」のインストールと使い方をご紹介したいと思います。

サイトの表示速度に画像の大きさが関係しているといわれています。

画像を圧縮することで、ブログを表示するスピードが速くなります。

「EWWW Image Optimizer」は、画像の画質を劣化されることなく画像ファイルを自動で圧縮してくれるプラグインです。

これは嬉しいことです。

サイトの表示速度が速くなると、検索結果で上位に表示されるようになるそうです。

サイトの表示に時間がかかると、閲覧時間や、離脱率にも大きく関係していきます。

これはサイト運営にとって大きなマイナスになってしまいます。

サイトが軽いことに越したことはありません。

ワードプレスで画像を沢山使っている人など、ブログが最近重くなってきたなと感じたらインストールしてみるのはいかがでしょうか。

 インストールして有効化しましょう

ワードプレスを開き、左側、「プラグイン」ー「新規追加」をクリックします。

「EWWW Image Optimizer」を検索し、「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

画面が変わったら、「プラグインを有効化」をクリックし、「有効化」して下さい。

「プラグイン」ー「インストール済みプラグイン」で有効化しているのか確認することができます。

「EWWW Image Optimizer」が、水色に変わっていれば有効化しています。

スポンサーリンク

 「EWWW Image Optimizer」の設定

「EWWW Image Optimizer」をインストールしたら、特になにかを設定する必要はありません。

ただ、1ヶ所だけ確認をして下さい。

「設定」-「EWWW Image Optimizer」をクリックします。

「変換設定」をクリックし、「コンバーションリンクを非表示」にチェックが入っているかを確認して下さい。

もし、チェックが入っていなかったらチェックを入れて、「変更を保存」をクリックして下さい。

スポンサーリンク

 ライブラリーの画像を圧縮してみよう

画像の圧縮方法です。

「EWWW Image Optimizer」の設定画面で「一括最適化」をクリックする方法と

「メディア」-「一括最適化」をクリックする方法があります。

「一括最適化」の画面に変わったら、「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックします。

「最適化を開始」が表示されたらクリックして、圧縮していきましょう。

「ライブラリー」に入っている画像が次々に圧縮されていきます。

画像が多いと圧縮するのに多少時間がかかりますが、圧縮されていく様子を見ているのもスッキリ感が味わえて楽しいですよ (^^)

圧縮を確認するには、「メディア」-「ライブラリー」をクリックします。

アップロードされた画像が出てきます。

マークをクリックします。

すると、こんな感じで出てきます。

拡大するとこんな感じです。

どのくらい圧縮されたか確認することができます。

「EWWW Image Optimizer」を有効化すると、追加された画像は勝手に圧縮してくれるので、一度「一括最適化」をした後は、なにもする必要はありません。

とても便利なプラグインですのでお勧めします (^^)

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼