アプリのダウンロード、何気に怖い「アクセス許可」許可しなかった結果…

アプリをダウンロードする時、やたらと「アクセス許可」を求められることないですか?

私は今まで、なに気に「許可」していたんですよ。

必要なんだと思ったから。

しかし、「許可」をよくよく見てみると、

「電話帳」だったり、「写真」だったり、勝手に見られたら嫌だなっと感じるものばかり…。

今回は、求められた「アクセス許可」を拒否したらどうなったのか書きたいと思います。

「アクセス許可」しなかったら

アプリのダウンロード。

欲しいアプリをダウンロードするたび、「許可」を要求されることないですか?

今までは、使いたいアプリに悪意を感じず、すべて必要なんだと素直に「許可」してきました。

しかし、その内容をよく見てみると、「それって本当に必要?」って思うことがあります。

在宅の仕事を探していると最近の面接、研修などすべてウエブ会議アプリですみます。

いい時代ですね。

会社によって使っているアプリは違いますが、最近私が面接を受けた会社では「ミーティング5」を使っているようで「ダウンロードしてください」と、いわれました。

アプリをダウンロードして、ログインしようとすると、

こんなのが出てきました。

試しに「許可しない」をタップ。

次に、

「音声の録音を許可しますか?」が出てきたので、やはり「許可しない」をタップ。

「通話の発信と管理を許可しますか?」も「許可しない」をタップ。

「端末上の写真、メディア、ファイルへのアクセスを許可しますか?」が出てきました。

これってウエブ会議するのに必要なんでしょうか。

これも「許可しない」にしました。

「連絡先へのアクセスを許可しますか?」

これも必要?

無論「許可しない」を選びます。

で、面接が始まりました。

あれ?

私の声が聞こえないようです。

こちら側は、ちゃんと姿は見えているし、声は聞こえています。

どうしよう…、やっちゃった (T_T)

仕事の面接なのに…。

急きょ電話に変えていただきました。

本当に申し訳ありませんでした。

余計なことをしなければよかった。

しかし、「端末上の写真、メディア、ファイルへのアクセス」や「連絡先へのアクセス」って必要なんでしょうか。

今回は、「Playストア」からのダウンロードだったので、そこまで気にする必要もなかったのかも。

全部「許可しない」ではなく、連絡先だけを「許可しない」だったらいけたのでしょうか。

今回応募した仕事はなんとか採用されまして、また「ミーティング5」を使って研修があります。

ダウンロードし直して全部「許可」にタップしました (T_T)

次は、大丈夫でしょう。

最近、在宅の仕事募集が増えたのは嬉しいところ。

皆さん、実感しているでしょうか?

しかし、中には怪しい募集があります。

応募するには結構慎重になりますね。

騙されたら嫌ですもの。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼