Google不正アクセス!セキュリティ診断、2段階認証の方法をご紹介

2日前のお話です。

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)でクリック数を確認しようと、パソコンでGoogleを開いたらパスワードの再設定をするように求められました。

なにがなんだかわからず、いわれるがままにパスワードを再設定しました。

グーグルからの表示では、

「不正なログインがブロックされました」

とのこと。

グーグルに私以外に不正にログインしようとした人がいると思うと操作する手も震えます。

パスワードの再設定が終わり、ちょっと落ち着いてからスクショを取るのを忘れていたことに気が付きました Σ(゚Д゚))!

残念 (T_T)

 「不正なログインがブロックされた」とは

Googleアカウントヘルプには、

「不正なログインがブロックされました」というメールが Google から届いた場合は、ご本人からのアクセスかどうかを判断できなかったために、最近 Google がお客様のアカウントへのアクセス操作をブロックしたことを意味します。Google ではお客様のアカウントを保護するために、通常とは異なる場所からのログイン操作など、通常とは異なるログイン操作が検出された場合にメールでお知らせしています。

と、書かれています。

今回は、グーグル側がブロックしてくれたおかげで被害はなかったようです。

「グーグル凄いな~」

と、感心していたらなんとグーグルやMicrosoftのアカウント情報が流出しているようです。

LINE以外のSNSを何も使っていないので、対岸の火事だと思っていたことに反省。

考えが甘かった。

スポンサーリンク

セキュリティ診断の方法

まず最初に、パソコンから行う「セキュリティ診断」をご紹介します。

右上にある自分のアイコンをクリックします。

次に「プライバシー」をクリックします。

右上にある「Googleアカウント」をクリックします。

アカウント情報のページが開きます。

スクロールしていくと左側に「セキュリティ診断」があるので、「開始」をクリックします。

「お使いの端末」をクリックします。

最近使われた端末の情報が表示されます。

上下に表示されるWindowsの情報は私が住んでいる場所で問題なし。

(グーグルも完ぺきではないので、多少アクセス場所がずれていることがあるようです)

問題は真ん中に表示される「不明な端末」。

アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス

明らかに不正アクセスです!

私はすでにグーグルに報告してしまっているのですが、自分がアクセスした端末でなかった場合、その端末情報をクリックすると、もう少し詳しい情報が表示されます。

そこで「問題ありません」か「覚えがない」をクリックしてグーグルに報告を入れます。

「端末に心当たりがない場合」をクリックすると、パスワードを変更することができます。

アクティビティを確認してみよう

「セキュリティ診断」で身に覚えのない端末情報が表示されたら自分のパソコンに何をされたのか気になりますし、気持ち悪いですよね。

グーグルに対してどんな処理を行ったのか確認することができます。

先ほどの「セキュリティ診断」の中で「最近のセキュリティ関連のアクティビティ」をクリックします。

アメリカからのログインはブロックされていますね。

ここで身に覚えのないアクティビティを削除することができるようです。

不正アクセスを受けた人のブログを見ると、Gmailからスパム攻撃を仕掛けたり、パスワードを変更されたりしているようです。

2段階認証プロセスの設定の方法

「セキュリティ診断」の中の「ログインと再設定」をクリックします。

登録した電話番号に確認コードが送られてくるのでそちらを入力して登録します。

ちなみにこちらの「ログインとセキュリティ」からもアクティビティを確認したり、2段階認証プロセスを設定することができます。

こちらの方が操作しやすいかもしれません。

スマホから設定する方法

スマホから「セキュリティ診断」や「2段階認証プロセス」を行うには、こちらをクリックしてください。

Your Google Account gives you quick access to settings and tools that let you safeguard your data, protect your privacy, and decide how your information can mak...

「Googleアカウント」に移動しますので、こちらでパソコンと同じ「セキュリティ診断」や「アクティビティの確認」、「2段階認証」を行えます。

インターネットの普及と共に不正アクセス、ハッキングなど今まで関係ないと思っていた一般の人にも他人事ではなくなってきてしまいました。

通常とは異なる場所からログイン操作など行った場合、グーグルは不正アクセスとみなしてブロックしたり、メールで知らせてくれたりします。

グーグルがそれだけ身近に存在していることを表しているのでしょうが、使う側としてもとても有り難い機能です。

それにしても不正アクセスしてブロックされたり、「覚えがない」と報告された端末はどのような処分をされるのでしょうか。

気になります。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼