サーチコンソールで「セキュリティの問題」「有害なコンテンツ」と出てしまった

やっとの思いで「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」にサイトを登録し、これで一日にどのくらいの人がサイトをクリックしてくれているのか、どんなワードで検索してくれているのかがわかり、とても便利になると思っていました。

登録したばかりのサイトに、そんな簡単にクロールしてくれるとは思いませんが、何度も「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」を見に行きました。

スポンサーリンク

すると「プロパティの健全性に重大な問題が発生しました」との文字が ( ゚Д゚)

慌ててクリックすると、「セキュリティの問題」「お客様のサイトのページに有害なコンテンツが検出されました」と書かれています。

慌てましたよ。

何が起きたのか理解できません。

普通のなんのへんてつもないブログに、人に見せれないようなものなどなにもないはず。

見てみると私のサイトから「有害なコンテンツが検出された」とのこと。

「有害なコンテンツ?」

貼ったリンク先も怪しいものなどありません。

それがなんなのか見当もつきません。

「サンプルをすべてダウンロード」があったので、すぐにダウンロードしてみることにしました。

ダウンロードはエクセルの文章でした。

エクセルを開いてみると沢山の漢字が。

「文字化け」ですね。

なにが書いてあるのかわかりません。

きっとなにかの間違いだろうと「これらの問題を修正しました」にチェックを入れて「再審査をリクエスト」をクリック。

すると「この問題を解決する為になにをしましたか?」と出てきます。

作ったばかりのサイトに怪しいものをアップロードしたり、リンクしたりするはずもないので困ります。

「濡れ衣ですよ」といいたいぐらいです。

素直に「どこがいけないのかがわかりません。もう一度審査をお願いします」

と八方塞がりな気持ちをそのまま書きました。

「再審査をリクエスト」をお願いしてすぐに文字化けについて調べてみました。

沢山の人が私のような問題にぶつかったようで解決方法が載っています。

「文字コードの変換」が必要なようで、正直面倒くさいです。

「文字コードを一括変換できるフリーソフト」があることがわかり、「文字化け」した内容を知るために仕方ないとダウンロードする事にしました。

しかし、これが不安をつのって買わせるセキュリティソフトのダウンロードでした。

「なんだ、こりゃー」

すぐにわかり、ダウンロードをキャンセル。

頭にきますよ。

人の弱みにつけ込むというか、足元を見ているというか。

スポンサーリンク

諦めかけたところに「文字化け」という言葉が。

見てみると「文字化け」についていろいろ書かれていました。

私に当てはまりそうな「文字化け」を見てみると

「アドレスに日本語が含まれている」と書かれてあります。

・・・

確かに最初の頃、なにもわからずアドレスに日本語を使っていましたが、それでは検索されにくいと書かれてあったのですべて変更したはず。

あ、そういえば Σ( ̄□ ̄!)

もしかして固定ページ?

すぐに見てみると・・・、アドレスに日本語が使われています。

犯人はこれかも。

すぐに変更をして、「グーグルサーチコンソール」を開いてみると、やはり「お客様のサイトのページに有害なコンテンツが検出されました」

と、再び書かれています。

そうですよね。

すぐに「再審査をリクエスト」をクリックし、

「サンプルを確認しました。アドレスに日本語が使われているのが原因だとわかり、アルファベッドに変更しました。もう一度、審査をして下さい。よろしくお願いします」

と、書いてリクエストをしました。

結果、審査は無事に通りました (^^)v

人騒がせすぎますよ。

もう少し、わかりやすくしてもらいたいですね。

私のようにアドレスで引っかかる場合があるので、アドレスは半角英数字で付けることをおすすめします。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼