横浜アンパンマンミュージアムに行ってきました

12月31日、DiCE(ダイス)伊勢佐木町店でVR体験した後、午後からアンパンマンミュージアムに行って来ました。

私は子どもが三人もいて、アンパンマンミュージアムに今まで一度も行ったことがなかったんです。

二女はもう5歳。アンパンマンの時期は過ぎようとしています。

今まで行かなかった最大の理由が入場料が高いこと。

大人も子どもも一律 1500円なんですよ。 1歳以上の子は入場料がかかり、小学生以下の子どもは記念品が付いていますが、せめて付き添いの大人は 1000円ぐらいだったら、納得してもっと楽しめるのになと思います。(他の方のブログを見てもやはりそのへんは高いと書いてありましたね)

しかし、このまま一度もいかないのも寂しいなと思い行くことにしました。


アンパンマンミュージアムは、正式名称を『アンパンマンこどもミュージアム』といいます。その名のとおり、『アンパンマン』をテーマとしていて参加型ミュージアムとショッピングモールが複合されている施設です。

横浜・名古屋・仙台・神戸・福岡の 5ケ所にあって、色々なステージや、アンパンマングッズなどのお買い物を楽しむことができるようになっています。

『横浜アンパンマンこどもミュージアム』は横浜のみなとみらいにあり、 2007年 4月に開設されました。

それぞれの詳しい場所やアクセスについては、公式サイトの交通案内ページを確認してみてくださいね。


年末だから人はあまりいないだろうとたかをくっくっていましたが、さすがアンパンマン。とても混んでいます。大盛況。

大きい子( 16歳、 13歳)を連れて行くのはどうだろう、浮いちゃうかな?と内心心配をしていましたが、そんなことを気にする必要はありませんでした。二人ともアンパンマンにはとてもお世話になったので「このキャラクター、名前なんだっけ?」なんて話をしました。懐かしいよね。

いろいろなイベントも見たかったし、やなせたかし劇場も見たかった。でも、タイミングが合わず一通り見た後、外へ。

私の最大の目的、『ジャムおじさんのパン工場』へ。

パンを買うのが楽しみだったんです。

パン屋さんに入ると、子どもも親もテンションが上がります。

1483975288935

かわいい。アニメのキャラクターそのままで、とてもよくできています。

でも、1個310円からとちょっとお高い。

しかし、おいしいと評判なので、たくさん買いました。

袋ではなく、箱に入れてくれるのもいいですね。なんか特別感を感じます。

1483975262819

そして、お土産を買いました。

お土産を買っている間にアンパンマン広場の真ん中が区切られて立入禁止に。聞くと30分後にイベントがあるそうです。

今日は年末でイベントの時間が 5時からだったのですが、最後のイベント時間までまだ時間があります。でも、二女がどうしても見たいというので待つことに。

外が少しづつ暗くなり始めました。

1483975277423

「輪の中で一緒にアンパンマン達と踊りましょう。」と、進行役のお姉さん達が周りの子ども達に声をかけます。

二女はとても慎重なタイプで、輪の中に入るのを最初は嫌がりました。

進行役のお姉さんや周りにいた楽しそうな子ども達、そして、バイキンマンとドキンちゃん達のおかげで中へ。

広場でアンパンマンたちがダンスをはじめました。今回見れた『だんすダンスdanceミュージアム』は、12月26日~1月9日までの限定のイベントです。

楽しそうに真似しながら踊っていました。

これは見る価値ありますよ。

いや~、キャラクター達の対応には頭が下がります。とても優しくて側にいる子ども達、すべてに対応してくれます。まさに、神対応。見ていて癒されます。

最後も2周回って対応してくれるので、握手できなかったなんてことはありません。

すばらしい。

二女も大満足。

はじめてだったのでミュージアムの中に入りましたが、無料で入れるモールだけでも十分に満足できると思います。

年間にミュージアムに約 80万人、モールも入れると約 400万人近い集客があるといいます。そう考えるとみなさん、モール中心にアンパンマンミュージアム来ているようですね。

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼