DiCE(ダイス)伊勢佐木町店でVRを体験しました

12月31日に、DiCE(ダイス)伊勢佐木町店でVRを体験しました。

VRとは?

VRは、Virtual Reality(バーチャルリアリティ)の略で、日本語では「仮想現実」と呼ばれています。体に装着した機器や、コンピューターで合成した映像・音響などの効果によって、視覚や聴覚など人の感覚器官へ働きかけ、人工的に生み出された三次元空間が現実のように感じられる環境を作り出す技術の事です。

長女と長男が友達と遊びに行ったり、習い事があったり、部活だったりで、出かけられる日が年始年末しかなかったんです。年始は休みの可能性があるので、31日に思い切って出かけることにしました。

私なりにいろいろ調べたのですが、VRがだいたい体験できるのは東京が主流のようですね。

体験するのに「入場料」と「体験代」が基本かかります。(なかには無料なのもあります)

新しい技術なのでお金がかかるのもわかりますが、体験できるのはだいたい 8分から 30分程度。失敗したらそこで終了っていうのもあります。

楽しかった場合、子ども達が何度も体験することを考えると結構な金額になります。

そう思うとどうするか悩みます。

私が今乗っている車はナビがついていないので、あまり知らない所へ行くのは勇気がいります。

調べたらネットカフェでVR体験ができることがわかりました。

そこで今回はVR体験ができるDiCE(ダイス)へ。


DiCE(ダイス)は、東京、神奈川を中心に展開するマンガ喫茶・インターネットカフェです。

駅から徒歩 5分圏内の駅近で店舗展開していて、「居心地の良さ」、「くつろげる個室」にこだわりを持っています。

他にも充実したドリンクなど快適に過ごせるように、充実した設備を多数揃えてあります。

外からの持ち込みもOK!


ネットカフェでVRってどんな感じなのかわかりませんが、とにかく子ども達を連れて行ってみました。

13歳未満は体験できないので長女と長男、二人が体験する予定。

私はネットカフェも、漫画喫茶も行ったことがないので、どんなところなのかテレビのイメージしかありあせん。

DiCEで一番最初にすることは会員登録をすること。(会員登録されていない方は身分証明書を持参してください)

会員証を作るとVR体験人数分を申し込み、先に料金を支払います。

我が家は『進撃の巨人展 360°体感シアター“哮”』600円を2人分、1200円お願いしました。

ホームページに 1回視聴で 600円と書いてありましたが、担当してくれた人の話では、各コンテンツは1時間借りれるそうで、その間なら何回でも見られるそうです。

次に個室を借ります。

うちはグループ用の個室、パソコンが2台あるタイプを2時間パックで借りました。

掘りごたつでのんびり足が伸ばせ、床はクッション性で、黒を基調としていて落ち着いた空間です。

子ども達も隠れ家ぽくって楽しそう。

さあ、個室に入っていよいよVR体験です。

借りたスマホをVRの機械にセットしてヘッドホンを装着するのですが、慣れていないとそこから先が上手く設定できません。

わかりやすい説明書もついているのに。

受付のお兄さんに助けを求め、設定してもらいました。

いよいよはじまります。

長女と長男は右に左に上に下にと顔を動かしています。

「おお~、すごい」の言葉が。

だいたい10分ぐらいだったのかな?二人が終わった後、私も体験することに。

その間、長女と長男はパズドラを設定し、二女はユーチューブを見ています。

『進撃の巨人展 360°体感シアター“哮”』は、アニメですね、でも、とっても立体的。

上下左右に顔を振っても画面が途切れないんですよ。

すごいです。

立体機動装置を付けて飛んでいる場面は本当に引っ張られる感じがして、気持ちが悪くなります。

あと、巨人にも食べられそうになります。

他にも有料のコンテンツがあります。

それと、無料版も。

無料は時間が短いんですよね。

しょうがないんですけど、体験版なので。

でも、まあ、はじめてにしては面白かったかな?

ソフトクリームや飲み物は無料で飲み放題、食べ放題。

私達は午前中にいったので、ちょうど掃除の時間帯でした。

たぶん、この時間が一番人がいない時間帯なのでしょうが、声のボリュームはとても気をつかいましたましたね。

当たり前ですが。

長男に東京ジョイポリスの『Zero Latency VR』をやりたかったと言われました。
『Zero Latency VR』は、 6人同時にプレイができるゾンビシューティングアトラクションです。

自由にアトラクションエリアを動きながらゾンビシューティングを楽しむことができます。

東京ジョイポリスに行けたら、また、投稿したいと思います。

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼