Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kym40/kym40.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

はいだしょうこが話す宝塚歌劇団のおきて・お金事情

2019年6月20日、日本テレビ「ダウンタウンDX」でタレントのはいだしょうこさんが宝塚歌劇団について語りました。

はいだしょうこさんといえば、元・宝塚歌劇団星組の娘役として活動されていました。

謎に包まれている宝塚歌劇団、そして音楽学校。

気になりますね。

はいだしょうことは…

まずは、はいだしょうこさんをご紹介します。

しょうこさんのお父さんは前国立音楽大学准教授、お母さんは声楽家。

とても有名な音楽一家です。

ちなみに、お姉さんは薬剤師。

しょうこさん曰く「歌う薬剤師」だそうで、コンサートにゲスト参加したり、ブログにも登場したりしています。

中学2年生から本格的に宝塚歌劇団を目指し、高校2年生の時に2度目の受験で宝塚音楽学校に合格。

それまで通っていた国立音楽大学附属高等学校声楽科を中退して入学します。

音楽学校時代は、「オペラ部門主席」「ポピュラー部門最優秀賞」を受賞。

宝塚歌劇団・星組入団後、2001年、「ベルサイユのばら2001」で「エトワール」を務める快挙を成し遂げます。

宝塚歌劇団の舞台、最後、最大に盛り上がる場面を「フィナーレ」といいます。

その「フィナーレ」、トップスターさんが大きな羽を背負って歌って踊っている場面ですね。

その前に「これからフィナーレが始まります」とわかるように歌いだし、教えてくれる役割をする人、それが「エトワール」です。

スポットライトと大きな舞台を独り占めにする「エトワール」に憧れるタカラジェンヌ達。

しょうこさんの歌唱力は素晴らしいですよね。

そんな「エトワール」、通常最低でも6年目以上でないと務められないといわれていましたが、しょうこさんは異例の入団3年目で務めました。

その後、NHK「おかあさんといっしょ」第19代目うたのおねえさんとして2003年4月7日から2008年3月28日までの5年間活動。

うたのおねえさんを卒業後、歌手、女優、タレント、声優とマルチに活動しています。

スポンサーリンク

宝塚のお給料

宝塚音楽学校を卒業したのち、宝塚歌劇団に入団します。

音楽学校は2年制で、その2年間の間に、芸能の基本と女性としての教養を学びます。

「清く正しく美しく」をモットーに、礼儀作法やマナーに厳しいのは有名ですね。

そんな宝塚歌劇団のお給料、気になりますね。

なんと宝塚歌劇団、1年目から7年目までは固定給だそうです。

実際に貰える金額はわかりませんでしたが、出費が多いので親に仕送りをしてもらうのは不可欠だそうです。

本番の舞台以外でもつねに綺麗でいなければならない宝塚歌劇団。

普段の練習に使うレオタードも特注品、下にはくサテンのスカートも特注品だそうです。

そして、舞台は衣装と靴のみ劇団が用意してくれるそうで、その他は自前で用意しないといけないそうです。

お化粧・アクセサリー系は自分で用意するそうですよ。

華やかな宝塚、意外なお金事情を知りました。

スポンサーリンク

宝塚音楽学校生、1年生のルール

宝塚音楽学校に入学すると、1年生には理不尽ともいえるルールがかせられます。

笑ってはいけない

1年生はいかなる場面も笑顔でいてはいけないそうです。

微笑みもダメ。

両親と久しぶりの再会でもつねに平静を装わなければならないそうです。

人によっては元々「笑い顔」の人がいますが、そんな人は呼び出されつねに怒られていたそうですよ。

電車に向かって必ずお辞儀

音楽学校生は阪急電車を利用することが多いそうで、ホームにいる時に特急電車が通過する場合、電車に向かって何回もお辞儀をするそうです。

なんでも「もしかしたら中に上級生がいるかもしれない」という理由だそうですよ。

もし、お辞儀をしていなかったのがみつかった場合、これも呼び出されて怒られるそうです。

そして、金髪の人を見かけたら、とにかく誰でも挨拶するそうですよ。

確かに宝塚歌劇団といったら金髪ですものね。

先輩の確率が高そうですが、「金髪の人を見かけたら、とにかく誰でも挨拶する」というのは凄いルールですね。

カバンを持つ手は必ず全員揃える

人それぞれカバンを持つ持ち手が違うのは普通当たり前なことです。

しかし、宝塚音楽学校では学年で話し合ってカバンを持つ持ち手を統一するそうです。

しょうこさんの学年では、左手にカバン、右手に帽子と決めていたそうです。

もし、これも1人が持ち手を変えたなら、同じ学年全員が連帯責任を取らなければならないそうで、皆一緒に怒られるそうです。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼