健康ブームに逆行して、大食い高カロリー食が密かなブームに

「元気に長生き」、「健康長寿」などの言葉が日々テレビや雑誌で、よく見ますね。

私も気になる番組は見ています。

厚生労働省のホームページでは、今や日本人の平均寿命が世界でもトップクラクスになったことが書かれています。

長く続く健康ブーム、食事を気にしたり、体を動かしたりと皆さん日々頑張っていますね。

「不摂生が続くと…、数年後…」

なんて恐ろしい映像を見せられたら、どうやっても気になってしまうのではないかと思いますが…。

確かに年を取ってから病気になって体が動かなくなる、寂しい老後を過ごすなんて考えたくないですものね。

いつまでも元気でいたいです。

そこに綺麗が加われば最強ですが、そんな健康ブームに逆行して、最近、大食いやカロリーを気にしない高カロリー食が流行っていることを知りました。

今回は、そんな大食いや高カロリー食について書いていこうと思います。

 食欲と満腹感

今はやりの高カロリー食。

「ハイカロリー食」、「デビル系」など呼び方はそれぞれですが、本当にとてつもなくカロリーが高いです。

だから、「頑張ったご褒美に」や「息抜きに」食べられているようですね。

まあ、当然です。

こんなにカロリーの高いもの毎日食べていたらそのうち病気になってしまいます。

それだけ皆さん、日々頑張っているのでしょうね。

高カロリーの食べ物はとにかく美味しい。

お菓子やジャンクフードなんてそうですよね。

お菓子やジャンクフードには、ビタミンやミネラルが余り含まれていません。

ビタミンやミネラルが多く含まれている食事を取っていると人間の体は満腹感を感じることができるようです。

逆にビタミンやミネラルが不足した食事を取っていると沢山食べても満腹感を感じることができないようです。

そして、セロトニンというホルモンも関係してきます。

こちらはよく噛むことで分泌されるそうで、脳内で作られ、満腹感以外、安らぎや幸福感を感じるそうです。

満腹感を感じる為にもゆっくりよく噛むってことが大切なんですね。

大食い = 早食い

ですものね。

だからいつもより多く食べてしまうのですね。

そして、薄味の食事より濃い味付けの食事の方が美味しく感じるようにできています。

一度食べてしまうと脳内が覚えていて欲しくなってしまいます。

本当に厄介です。

 動画でも大人気

YouTubeで「大食い 高カロリー」で調べると沢山の動画が出てきます。

少し前なら「大食い」だけだったんですけどね、これに「高カロリー」が加わりました。

確かに見ているのが楽しいんですよね。

私も「〇〇店すべての料理を食べるまで帰れまテン」や「〇〇キロカロリー食べてみた」なんて動画を見ています。

これってなんなんでしょう。

健康の為食事制限されている方もいるでしょうし、今まで我慢していた分、それを自分ができないことを代わりにしてもらっているとでもいうのでしょうか。

代償行動とでもいうのでしょうかね。

デビルサンドの作り方なんかも検索されています。

無性にカロリーも気にせず食べたくなることがありますね。

そんな時は、罪悪感や後ろめたさがあります。

健康を気にする人がいる一方で、カロリーを気にしない人もいる。

そんな状況を大手も気が付いて、商品を出し始めましたね。

健康ブームと逆行した大食い高カロリー食ブーム、この状態はしばらく続くのでしょうね。

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼