クリミナル・マインドに片づけられないのはウツの特徴だけど…っていうけど本当?!

アメリカのテレビドラマ、「クリミナル・マインド/FBI行動分析課」見ていますか?

シーズン14の制作も決まり、すっかり長寿番組の仲間入りを果たしています。

シーズンごとに現れては消えるFBI捜査官はいいとして、シーズン13にもなるとシーズン1からいるのがリードだけ(ガルシアやJJもいるけど)になってしまい、少し寂しい感じがしてきます。

これも長寿番組の宿命でしょうか?!

シーズン13では、出演者が一列に並んでいる画像の中でリードが真ん中に立っているのを見て「随分出世したねー」なんて思って見ています。

ロッシが真ん中じゃないことにちょっとビックリ。

ところで、最近のクリミナル・マインドを見ていると

「片づけられていない。ウツの特徴だね」

なんて、セリフがよく出てきます。

片づけられない、整理整頓できない人は本当にウツの可能性があるのでしょうか?!

 片づけるって大変なこと

私は片づけるのが苦手です。

というか、私が片づけるペースより、子どもが散らかすペースの方が早くって追いつくことができない状態です。

いくら片づけても終わりが見えない。

「もう、イヤだー」

って、いいたいくらいですが私なりに掃除し続けていました。

でもね、夫はそんなことをわかってくれません。

専業主婦で、どんなに子どもに手がかかっても掃除がされていないのはダメなようです。

私もそんな状態が嫌なんですよ。

本当は。

でも幸いなことに家の二女も小学校1年生になり、長女、長男も大きくなって、文句をいいながらも片づけてくれたり、声をかけてくれるようになりました。

私の心も少し軽くなり、掃除するのも前より楽しく感じられるようになりました。

気持ちって大切ですね。

そんな中、クルミナルマインドで例の

「片づけられていない。ウツの特徴だね」

なんてセリフを聞くと、私ってウツだったの?!っと不安を感じました。

本当に片づけられない、整理整頓できないのはウツの特徴なのでしょうか?

 片づけられないってウツの特徴のひとつだった

片づける、整理整頓すると一言でいっても、なぜできないのかということになってきます。

一番最初になんといっても「片づける気力がわかない」ではないでしょうか。

私も今だからいえる一番に感じることは、心も元気でないと掃除できないっということです。

心に余裕がないと片づける気力も湧きません。

心に余裕があっても体が疲れていたら片づけられませんしね。

心と体が元気で余裕がないと

「散らかってっても人間は死なない」

っという状態に入ってしまいます。

調べてみるとやはり、ウツ状態にあると掃除ができなくなるという兆候があるようです。

実際、子どもが小さかったりして手のかかる状態だと、子どもの周り以外後回しになってしまうのではないでしょうか。

体と心が元気で余裕がある時に少しづつ掃除すればいいのではないかと今の私は思います。

でもね~、夫とか親とかが許してくれないんですよね~。

片づけられないのが平気ではないんです。

「またか」

って顔をされると心が苦しくなります。

そして、悪循環。

難しいですよね。

たかだか掃除、たかだか片づけ。

余裕があるなら代わりにしてくれって今の私ならいえます。

お母さんだからって完璧を求めないでください!!

少しづつでいいんですよ。

片づけられない状態にあったら少し素直に

「心が弱っている」

って、自分を労わってあげてください。

お母さんになると誰もねぎらってくれないんですから。

やって当たり前、みたいな。

夫も子どもと一緒だし、手がかかります。

最近やっと大好きな映画やテレビドラマを見ることができるようになってきました。

私も今だからクルミナル・マインドを見ながら、心が病気だったのだとよく頑張ってきたなっと感じられるようになりました。

ドラマのちょっとしたセリフが心に引っかかったのなら、調べてみると面白いですよ。

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼