Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/kym40/kym40.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ビートたけしがテレビで語る「オレ、年金5万円だから」に驚愕

6月15日放送のTBS「新・情報7daysニュースキャスター」内でビートたけしさんと安住紳一郎アナは、たけしさんの離婚問題について語りました。

こちらの番組、生放送なのでたけしさんが自身の離婚についてなにを語るのか注目されていました。

その中で、家以外の財産はすべて元妻に渡したことを言及。

「麻生(太郎)さんが、老後2000万円必要って言うから、俺もこれから2000万円稼がなきゃいけないんだから。大変だよ。」とタイムリーな「老後2000万円問題」についても語りました。

そして、「年金支給額が5万円であること」「運転免許証を返納したこと」も話しました。

どんなに働いても国民年金の支給額は変わらない

離婚について語ったビートたけしさん。

しかし、それよりも驚いたのが受給している「(国民)年金が5万円」ということです。

芸能人は人にもよりますが、基本、自営業・個人事業主扱いなんですよ。

個人事業主の場合、どんなに働いて収入があっても国民保険しか加入することができません。

厚生労働省年金局年金課の「平成31年度の年金額改定についてのお知らせ」には、

平成31年度新規裁定者では、6万5008円。

それも40年間保険料を支払った場合でですよ。

国民年金は、厚生年金のように年金の支給額が、どのくらいの年収なのか、何年勤めているのかなどで決まることはありません。

国民年金は、収入で受給額が変わることないんですよ。

ただ中には、保険料免除になる場合もありますし、繰り上げ・繰り下げ受給で支給を希望する場合も考えられます。

その場合、年金額が多少変わってくるので、一律同じというわけではありません。

しかし、厚生年金のように受け取れる年金額の幅が広すぎることもありません。

スポンサーリンク

今回のビートたけしさんの離婚で、たけしさんの資産が「200億」ともいわれています。

そんな人の年金受給額が5万円なんて只々驚くばかりです。

自分の将来を不安視する芸能人の多くが、投資やお店を持つのもわかりました。

ビートたけしさんは離婚したことによって「お金がない」ことを番組で話していました。

芸能人は定年退職がありません。

求められ、なおかつ健康なら仕事はあり続けるでしょう。

たけしさんは、1947年生まれの72歳。

生活のためにも働き続けるのでしょうね。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼