YouTuberになる芸能人をどう思う?

最近、YouTuberになる芸能人が多いですね。

ネットニュースをにぎわしています。

まだまだネットが発達していなかった一昔前なら、民放は芸能人(玄人)、インターネットが一般人(素人)という感じで分けられていました。

しかし、インターネットを誰もが簡単に使えるようになり、素人だった人達がいつしか脚光を浴びて注目されるようになりました。

チャンネル登録者数が100万を超える人が沢山現れ、子ども達の将来なりたい職業ナンバー1になりました。

中にはネット以外に活躍する人も現れ、素晴らしいものがあります。

何か知りたいことがあれば、すぐに動画で見ることができる。

いい時代ですね。

そんな状況を見てか、最近、YouTubeになる芸能人が増えてきましたね。

 ユーチューバードリーム

いつ頃から芸能人がユーチューバーに転身するようになったのでしょうか。

「好きなことで生きていく」

ユーチューブのキャッチコピーですね。

本当に好きなことで収入を得ることができたら最高です。

ピコ太郎こと古坂大魔王さんが「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で物凄いことになりましたね。

まさにユーチューバードリーム。

お笑い芸人さん達がこぞって動画を上げるようになりました。

一昔前なら

「実は動画を上げていて…」

なんて、テレビで紹介されていて驚かれていましたが、今は違いますね。

芸能人が動画を上げる(素人に混じる)なんてことは考えられなかったのでしょう。

今は、ネット番組も増えて、民放より自由に表現できるようになりました。

スポンサーリンク

 最近の芸能人ユーチューバー

最近の芸能人ユーチューバーで有名になったのはお笑い芸人のヒロシさんではないでしょうか。

一昔前、「ヒロシです」で一世を風靡しましたね。

ブームが去ってから大分時間が経っています。

今はユーチューブでソロキャンプの動画を投稿していて人気が出ています。

意外にキャンプ動画から、キャンパーとしてイベント出演や執筆などの依頼があるそうで、月80万円以上の収入があるそうです。

そして今、ユーチューブ動画が話題なのは本田翼さんではないでしょうか。

本田さんがゲームマニアなのは有名です。

本人は顔出ししていないのに、チャンネル登録者は87万人!

ユーチューブだけの広告収入で年収1千万超えも夢ではないそうです。

そんな情報を目にしたら芸能人も「ユーチューバーになってみようかな?」と思ってしまうのではないでしょうか。

しかし、「素人!」と、いわれるユーチューバーも完全に素人ではないと思います。

中には思い出系でなんの編集もされていない動画もありますが、話題性のある動画は、企画、撮影、編集を自分達で行なっています。

ただ、何も考えず、投稿しているわけではありません。

「この人、面白い」と思わせるものがあって皆、チャンネル登録をするわけです。

素人となめてかかれば、それなりの洗礼を受けるはずです。

ネットの世界は厳しいですからね。

最近も「チャンネル登録者数100万人未満ならお笑い芸人を引退します」とユーチューブの世界に入っていった芸能人がいますが、どうなんでしょうね。

他にユーチューバーになられた方で

「将来は企画、撮影、編集もできるようになりたい」

と、語っていた方がいますが、それってどうですか?

誰かに手伝ってもらうのが悪いとはいいませんが、テレビの延長上と考えているのでしょうか。

手作り感が多少感じられるのが、ユーチューブの魅力だと私は思っているのですが、本職の人に乗っかっているだけではやっていることが民放(テレビ)と変わりません。

テレビで見れないものを見れるのがネットのいいところだと思います。

視聴する人が興味を持ってくれる為に、成功しているユーチューバーがなににたけているのか冷静に考えて欲しいものです。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼