憧れの仕事YouTuber 長男の友達に中学生YouTuberがいた

ずっと書こう、書こうと思いながらも中々書かなかった長男の友達、中学生YouTuberについて今回書こうと思います。

今から大体2年前、長男が中学校に入学した当時、環境も変わり、新しい友達もできて、毎日楽しそうに過ごしていました。

しばらくすると、長男が目を輝かせながら

「俺の友達にYouTuberがいる」

と、いってきました。

その時は、その友達がふざけていっていたのかと思ったのですが本当でした。

YouTubeはスマホやタブレットで見るのが普通で、ユーチューバーは長男からすれば憧れの存在です。

画面の向こうの存在が自分の近くに、それも同級生にいたのです。

それも1人、2人ではありません。

同級生以外にも陸上部の先輩にもユーチューバーがいました。

 結構身近にいる!?中学生ユーチューバー

長男に話を聞くと、長男の友達ユーチューバーは主に

  • ゲーム実況
  • 自分の好きなものについての解説(長男の友達は車好きでそれについて)
  • アニメ(音楽に合わせて踊る)

なんてことをしているようです。

自分の好きなことに突き進んでいる友達が羨ましいように感じます。

長男の友達の中で車好きな子は、車のグッズなんかも紹介しているそうで、それなりに再生回数を稼いでるようです。

月に数千円の収入があるそうで、いいお小遣い稼ぎになっているよう。

動画投稿のモチベーションも上がりますね。

スポンサーリンク

 ユーチューブの収益化条件が変わった

ユーチューブは今まで、再生回数によって広告収入が入ってくる仕組みでした、が、しかし、ユーチューブの収益化条件が変わると、2018年2月に大々的に報道されました。

それによると広告収入を得るには、

  • チャンネル登録者数1000人以上
  • 過去12ヶ月のそう再生時間が4000時間以上

が条件になるようです。

チャンネル登録者数が1000人以上というのは、中々厳しい条件だと思います。

私も色々な動画を見ているのですが、チャンネル登録は全然していません。

元々、ユーチューブの動画投稿は、好きな人にしかできないことだと思っています。

ユーチューブ = 収入

と、単純に考えていた人には厳しいものになるのではないでしょうか。

それによってチャンネル登録者数が少ないユーチューバーは、無収入になってしまいます。

チャンネル登録者数より、再生回数、再生回数を増やすことに命を燃やしていた人達、炎上系ユーチューバーにとったら死活問題になってしまいます。

ユーチューブからしたら、「皆に愛される質のいい動画を作ってね」ということなんでしょうけどね。

長男の友達のチャンネル登録者数は、趣味に関する動画を投稿している子が54人、ゲーム実況をしている子が3人(アニメの子はわかりませんでした)だそうです。

唯一、収益のあった長男の友達は、まるっきりの無収入になってしまいます。

それでも、動画投稿は止めないそうです。

まあ、中学生ですし、チャンネル登録者数や再生回数を増やす為に、色々戦略を練って狙ってやっていたら逆に怖いですけどね。

今までの収益はおまけのようなものですね。

それにしても、友達になる前からユーチューバーをしていたら小学生ユーチューバーだったことになるんですね。

それを2年以上続けていることを考えると、すごいことだな~っとただただ感心してしまいます。

意外にあなたの周りにも、話さないだけでユーチューバーだったなんてことがあるのかもしれないですよ。

彼らがこれからどの様な進化を遂げていくのか楽しみです。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼