スマホをauからIIJmioに乗り換えました

我が家の子ども達のスマホ、タブレットはIIJmio(アイアイジェイミオ)の格安SIMを使っています。

ファミリーシェア(10G)を、分け合って使っています。

4年以上使っているのですが、回線が切れるとか、ネットをするのに時間がかかるとか、問題や不便もなく、普通のキャリアスマホと変わりなく使っています。

私のスマホは、auを使っていました。

2年の縛り(契約)がなくなったら私も、子ども達が契約しているファミリーシェアに乗り換えようと、ずっと考えていました。

12月に入り、auから「更新について」のメールが届きました。

やっと、2年縛り(契約)から解放されます ∩(´∀`)∩ヤッタ~♪

12月から1月の2ヶ月間の無料解約期間に乗り換えることができます。

この時期を逃すと、乗り換えるのに違約金がかかります。

▼こちらもどうぞ▼
キャリアスマホの違約金が納得できない

キャリアのスマホがまだまだ使えて中のSIMカードだけ変えればいい場合、そのまま同じスマホを使うことができます。

キャリアから格安SIMに乗り換えるのは面倒くさそうと感じますが、実際にやってみると、とても簡単です。

今回は、一般的なキャリアから格安スマホへの乗り換え方法を、ご紹介したいと思います。

格安SIMはネットの通信料を安くできますが、通話料は基本高いので、通話が中心という人には向いていないと思います。

 乗り換えると何が変わるのか

格安SIMを使うと月額使用料を抑えることができますが、キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)から乗り換えることによって2点ほど変わってしまうことがあります。

・キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)のメールアドレス(キャリアメール)が使えなくなる

auだと、@ezweb.ne.jp、ドコモだと、@docomp.ne.jpが使えなくなります。

格安SIMを使う場合、Gmaliや、Yahoo!メールなどのフリーメールを使うことになります。

でも、逆に、フリーメールを使っていた方が、携帯電話会社を気にすることなく同じものを使い続けることができるので便利です。

・キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)のサービスが使えなくなる

キャリアから乗り換えるので、今まで使っていたサービスをそのまま使い続けることができなくなります。

簡単にいうこれだけ変わります。

「どうしてもキャリアスマホがいい」、「何かあった時に…」と、どうしても譲れない人や、心配性の人は乗り換えた後に月額使用料が安くなっても後悔が消えないかもしれないので、そういう方は乗り換えるのを止めておいたほうが懸命だと思います。

そして乗り換えても変わらないことは、

・キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)で使っていた電話番号はそのまま使うことができる

MNP転入(乗り換え)すれば、今まで使っていた電話番号を変更することなく使い続けることができます。

家族や友達に変更を伝える手間が省けます。

・LINE(ライン)やSkype(スカイプ)は、携帯電話会社を気にすることなく使うことができます。

引継ぎを行えば、そのまま同じものを使うことができます。

 乗り換える為の準備

キャリアから格安SIMに乗り換える為に、何点か確認する必要があります。

・乗り換えを考えている時期が、無料解約期間(更新月)か

無料解約期間(更新月)以外に乗り換えをすると、違約金がかかります。

・SIMカードを入れ替えられる機種のスマホがあるか、又は、新しいSIMフリーのスマホを用意できたか

キャリアスマホのSIMカードを入れ替えて使う場合、2015年5月以降に製造されたスマホが対象です。

au、ソフトバンクのスマホは、SIMロック解除が必要なものもあります。

・今まで使っていた携帯電話会社から、MNP転出をする為のMNP予約番号を入手したか

MNP転出の予約番号を習得する方法は、

・電話を入れる

・店に行く

・ネットで習得する

の3つの方法からになります。

店舗に出向いてMNP予約番号を習得するのは中々難しいですね。

三大キャリアでMNP予約番号を入手する方法は、電話を入れるか、ネットから習得するのがいいのではないでしょうか。

MNP予約番号の有効期限は予約番号発行日を含めて15日間です。

格安SIMを申し込み時に、MNP予約番号の有効期間が7日以上残っている必要があります。

私は、電話でMNPの予約番号を入手しました。

電話で、乗り換えの理由を聞かれた後、私が長期ユーザー(14年3ヶ月)だったので、「継続して使い続ける場合、15000円分新しい機種代を割引する」、「新しいサービス(4000円台)に移ることができる」、「ウォレットが残っているので、せめて使えるように移動してから乗り換えてはどうか」等々、色々おいしいことをいわれました (-_-)

後ろ髪を引かれる誘いですが、乗り換えする前に知ることはないんですよね。

これが店舗で直接番号を入手しようとしたら、大変かもしれませんね。

MNP予約番号は、格安SIMを申し込むのに必要なので絶対に忘れないように。

有効期間が過ぎてしまった場合は、何度でも習得することができるので大丈夫ですよ。

MNP予約番号を習得すると、キャリア(私の場合au)からメールが届きます。

スマホの中のSIMを変えることによって、「電話帳が開けなくなる」、「メールを見ることができなくなる」などマイナスなことが書かれています。

確かに、SIMカードを変えると、メールを見ることができなくなりました。(電話帳は、開けました)

でも、中のSIMカードを使えなくなった元のキャリアのSIMカードに戻すとメールも見ることができます。

親切心なのか、心配をあおっているだけなのか、よくわからないメールですが、SIMカードを変えても簡単にスマホは壊れないし、スマホにSIMカードを入れたからと料金が請求されることはありません。

・格安SIMカードを申し込む為に必要なものを用意できたか

格安SIMカードを申し込むのに

・本人名義のクレジットカード

・本人確認書類

・メールアドレス

・MNP予約番号

が、必要です。

 乗り換え方法

格安SIMカードを購入するのは、IIJmioでは、「IIJmioのサイト」か「みおふぉんの即日開通店舗」から申し込みをすることになります。

▼IIJmioはこちら▼

「ご購入 お申込み」をクリックします。

新規のお申し込みは、「mio会員登録・お申込み」から申し込み、会員の人は、「ログイン」から入ります。

事前準備、同意内容を確認して「同意する」にチェックをいれたら「次へ」をクリックします。

「お申し込み方法の選択」でサイトから申し込む方は左の「IIJmioサイトから直接申し込む」を選び、「次へ」をクリックします。

SIMのみの購入か、端末とセットで購入かを選びます。

「回線の選択(au、ドコモ)」、「SIMカードの機能」、「SIMカードのサイズ」、「プラン」、「オプション」などを選んでいきます。

初期費用

3000円(税抜き)

SIMカード発行手数料

タイプD(docomo) 394円(税抜き)

タイプA(au) 406円(税抜き)

が、かかります。

選んだら、「次へ」をクリックします。

▼こちらもどうぞ▼
格安スマホ 2台以上使うならIIJmio(みおふぉん)がお得!

契約者登録、クレジットカード、乗り換えの場合は、MNP予約番号、MNP予約番号の日数を入力していきます。

本人確認書類を写真に撮って、アップロードします。

申し込み完了です。

IIJmioの場合、本人確認書類が確認できたら、3日ほどでSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、開通専用の電話番号に電話を入れて、ガイダンス通りに、乗り換えする電話番号と、SIMカードの認識番号を入力します。

これでキャリアから乗り換えることができました。

数分後に、IIJmioから、「開通のお知らせ」メールが届きます。

▼IIJmioはこちら▼

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼