キャリアスマホの違約金が納得できない

昨年12月にauから「更新について」のメールが届きました。

やっとスマホの2年縛り(契約)から解放されます ∩(´∀`)∩ヤッタ~♪

更新月になったら、子ども達が使っている格安SIM、IIJmio(アイアイジェイミオ)に乗り換えるつもりでいました。

私は、auの長期ユーザーだったのですが、今まで「更新について」のメールを受け取ったことがなかったので、今回、親切に更新をお知らせしてくれるメールが届いたのは、意外すぎて驚きました。

届いたメールをよく見ると、2ケ月の無料解約期間を過ぎると、そのまま自動更新され、解約すると違約金が発生するそうです。

今までは、ずっとそのまま自動更新されていた長期ユーザーだったのですが、なんか納得できません。

調べてみると自動更新されるとまた、新しい2年縛り(契約)が始まるらしいのです。

2年縛り(契約)ということは、当然契約中に解約すれば違約金が発生するということです。

2年間頑張って使い続けたのに、なんか納得できません。

▼こちらもどうぞ▼
スマホのデータ通信とWI-Fi

格安スマホ 2台以上使うならIIJmio(みおふぉん)がお得!

格安スマホを買い替えました

私達が使っているスマホは、2年契約することによって月額基本使用料が割引になる仕組みです。

これを解約するのに違約金が発生するのです。

月額基本使用料は、auだと 3200円

「2年契約(誰でも割)」だと 1700円

倍近く違いますね。

総務省は2016年7月に、三大キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)に改善を求めたそうです。

その結果、三大キャリアは、無料解約期間1ケ月から2ケ月に延長しただけにとどまりました。

どうなんでしょう?

この結果。

世の中が求めるものとは、かけ離れていますよね?

au、ソフトバンクは、3年目からの自動更新をしない新プランを発表しました。

auでいうと「2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)」になります。

こちら月額基本料金から 1200円割引になり、月額基本料金 2000円になります。

「2年契約(誰でも割)」だと 1700円、そうなんです、こちら 300円上乗せされています Σ( ̄□ ̄|||)

300円 × 24ケ月 = 7200円

多少の差額はありますが、今までの違約金とあまり変わりないですね (-_-)

それもこの新プラン、解約しない限り、ずっと支払い続けることになります。

ドコモの場合、「2年定期契約満了更新期間中(2ケ月の無料解約期間)」に「ずっとドコモ割コース」か「フリーコース」を選ぶことができます。

「フリーコース」を選ぶと、いつでも解約することができ、違約金は発生しません。

しかし、「ずっとドコモ割コース」で適用される「ずっとドコモ割」や「更新ありがとうポイント」がなくなってしまいます。

解約する前提で、「解約するならサービスは付けないよ」と、反逆をする者(解約)は許さないといった感じに感じられます。

今回、乗り換えるにあたって、auに電話を入れたところ14年3ヶ月の長期ユーザーだったことがわかりました。

しかし、お得意様感が全く感じられませんでした。

スマホって新規のお客様だけお得って感じがしませんか?

スマホの分割機種料金が上乗せされての金額ですが、ずっと8000円を支払い続けているような気がします (-_-)

auから「三太郎の日」とかにメールが届きます。

ドーナツやら百均やらのサービスメール。

そんなの1個無料サービスされてもあまりうれしくないんですよ。

そんなサービスするくらいなら、「スマホの料金を割引してくれ」っと思います。

年始年末三大キャリアのCMがずっと流れていますね。

あんなCMをさんざん作るくらいならスマホ代を安くすることなんて容易いだろうと感じませんか?

昔ならスマホが高くても「高いよね」と、文句をいいながらも比較対象がなかった時代だったので、そのまま使い続けていました。

今は格安SIMも出回り、「三大キャリアはなぜこんなに高いのだ?」と疑問に思い、少しの手間をいとわない人達はどんどん格安スマホに流れていきました。

絶対的な牙城は、砂のお城のように少しづつ削られていくのでしょうか。

「一歩前進」と前向きに思う人もいますが、私としては、なんだかんだといいながら、この体質は変わらないだろうと思います。

三大キャリアには譲れない収益なのでしょう。

我が家が契約している格安SIM、IIJmioでは、1年以内の解約に「音声通話機能解除調停金」が発生します。

(12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)

で、最初の月に12000円「音声通話機能解除調停金」がかかり、ここから毎月1000円づつ引かれていきます。

1年後は、「音声通話機能解除調停金」が発生しない(0円)仕組みです。

三大キャリアの2年以内の一律の違約金にも疑問がわきます。

▼IIJmioはこちら▼

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼