スマホで検索していたら「ウイルスに感染しています!」と出た

スマホは便利ですね。

最近は色々な事をスマホで検索しています。

長女のスマホも買い替え、長女は新しいスマホをよく見ています。

ある時、長女が

「お母さん、検索していると、こんなの出てくるんだけど」

と、スマホを見せてくれました。

覗くと、赤い画面に黒い文字で「警告」と書かれています。

何かと思ってよく見ると、

「お使いのスマホはウイルスに感染している恐れがあります」

どうやらウイルスに感染しているので、今すぐ指定のセキュリティアプリをGoogle Playからインストールするようにといっているようです。

パソコンだと似たようなことがよくあります。

「あーあ、よくあるよね。パソコンにもダウンロードしたのにくっついてきて、ウイルスに感染しているからソフトを買いなさいってヤツ。触らない方がいいから、そのまま消しちゃいなよ」

そういうと、

「最近、検索していると、よくあるんだよね」

と、なんともいえない顔をする長女。

納得していないのがわかったので、

「ちょっと待って。ググってみるから」

私のスマホで検索すると、やはりパソコンと同じことがスマホでも起こっているようです。

それもスマホに「警告文」が表示されるタイプは急激に増えているそうです。

「なにもしないで消すのが一番いいみたいよ」

「やっぱりー、そうだよね」

「変に押しちゃうと逆にダメみたい。こういうのは脅かしてアプリをインストールさせようとするみたいだから。テレビや映画でウイルスに感染して動かなくなっちゃうとかあるけど、一般では、そういうのあまりないんだよね。表面だけで、心理的に不安にさせてようとするだけだから」

私は感じたことをそのままいいました。

長女の話を聞くと、「マイクラ(ゲーム)」のスキン(イラスト)を色々探していて、どこかを押してしまい、「警告文」が出てきたそうです。

▼こちらもどうぞ▼
ショートメールからの架空請求詐欺にご注意!!

 私のスマホにも「ウィルスに感染しています!」の文字が…

この話をブログに書こうと思っていたのですが、スクリーンショットを撮るの忘れてしまいました (-_-)

うーん、残念。

どうやって「警告」画面が表示されたのか、もう一度知りたくて、長女の使わなくなった昔のスマホを使って何度か検証してみましたが、中々同じ現象にはなりません。

「なにを押したんだろう?」

長女に聞いてもなにを押してしまったのかわからないそう。

難しい。

最近、漫画家の藤島康介先生とコスプレイヤーの御伽ねこむさんが結婚したとネットニュースになっていました。

藤島康介先生の「ああっ女神さまっ」のラストが気になり調べてみました (*”ω”*)

あるサイトを開くと、やたら広告が多いサイトで「スクロールしにくいな」

なんて思いながら読んでいくと、なにかをタップしてしまいました。

本当に何をタップしてしまったのかわからず画面を見ているとこんな表示が現れました。

出たー Σ( ̄□ ̄|||)

普通のサイトを読んでいただけなので、こちらの画面が現れた時は驚きました。

それも、時間が表示されていて、ドンドンカウントダウンが始まっています。

今すぐ画面を消してしまえばそれで終わりですが、

「今度こそスクリーンショットが撮りたい!」

その思いだけでスマホを操作しましたが慌ててしまいました。

手が震えそう…。

カウントダウン付きて怖い…。

「Google」の名前を出すあたりも悪意が出ています。

不安な人はタップしてしまいますね。

そして、近所にあるお菓子の問屋さんを調べていた時は、

なんと、こんな表示が現れました。

よく見れば変な日本語ですね。

どうして、こんな「警告」が最近多いのでしょう。

スポンサーリンク

 海外のアプリサイトが原因?

調べてみると「警告文」のいう通りにタップしていくと、海外のアプリサイトに行きつくようです。

セキュリティアプリのインストールが目的のようです。

ウイルス駆除が本当ならまだ百歩譲ってよしとしましょう、しかし、一部のアプリをインストールするとスマホの中のデーターを盗まれることもあるそうです。

とにかくかかわらないことが肝心です。

「触らぬ神に祟りなし」て、いうでしょう?

それです。

出会ってしまったらとにかく触らず、表示されている画面を消してしまいましょう。

今回、私は、普通のサイトを開いて「警告」が表示されました。

少し前ならアダルトサイトなどでよくあった手法だと思いましが、今は普通のサイトを見ていただけで「警告文」が表示されてしまいます。

それはどうしてかというと、アフィリエイト広告が関係しているようです。

私も多少ですがアフィリエイトをしています。

私のサイトは大丈夫なのか心配になりましたが、海外のアフィリエイトサイトが関係しているようです。

「クリック報酬型」のアフィリエイトが関係しているとわかった時は「なるほどね」と思いました。

とにかくインストールまで誘導したいのですね。

怪しい日本語や海外のアプリ。

悲しいですが、日本人は、「いいカモ」なのかもしれないですね。

卑怯なのは、グーグルプレイからインストールさせようとするところ。

グーグルプレイの審査は甘いそうなので、安易に「グーグルだから」と信用しない方がいいようです。

誰だってグーグルの名前を出されたら信用してしまいますよ。

なにを信用していいのか、ここまでくるとわからなくなりますね。

スポンサーリンク

 対策はないの?

アンドロイドのスマホ自体には残念ながらウィルス検出機能はありません。

ですので、「ウィルスに感染しています!」なんて文言は出てくるはずはないんです。

色々なサイトで書かれていますが、不安ならウイルス対策用のアプリをインストールしてスキャンするのが一番だと思います。

不安を煽ってインストールさせるセキュリティソフトなんて本当に信用できません!

ところで私の夫のスマホは端末にロックがかかり、身代金を要求される「ランサムウェア」に感染したことがあります。

この時は、なにを触っても動かなかったですね。

電源を切ってもう一度入れ直しても「ロック解除するために…」の警告文が出てくるだけでした。

「絶対偽警告ですよ」とは言い切れないので注意は必要ですが、できれば誰かに話して共有するのが一番ですよ。

間違った対処をしていないと自信が持てます。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼