ブルートゥースを使ったらスマホのデーター移動が簡単にできた

長女のスマホを買い替えたのですが、格安スマホ場合、データーの移動が面倒です。

データーの移動は、Micro SDカードを使ったり、ケーブルを使ったり、はたまたメールを使ったり、毎回毎回、とても大変でした。

今回も、どうやって移動させようか考えていましたが、「ブルートゥース」のおかげで、すべてのデーターを簡単に移動することができました。

このマーク、見たことがありますか?

これが、「Bluetooth(ブルートゥース)」のマークです。

スマホやパソコンを見ると、何気に入っています。

私は今まで「Bluetooth(ブルートゥース)」は、無線で音楽を聴けるようになる便利な機能という認識しかありませんでした。

でも、これ、とても便利で優れているんです。

スポンサーリンク

 「Bluetooth(ブルートゥース)」とは?

ここ数年で、「ブルートゥース」の需要は一気に増えましたね。

スマホやパソコン、色々な電気機器(イヤフォン以外、パソコンのキーボードやマウスなど)に何気なくブルートゥースのマークが付いています。

「ブルートゥース」を搭載している機器間で、アドレス帳やデーターのやり取りもすることができます。

無線通信なので、通信費はかかりません。

 Wi-Fiとの違いは?

Wi-Fiもブルートゥースも同じ無線通信の規格の一つです。

とてもよく似ていますが、Wi-Fiは、Wi-Fiが搭載されている機器同士をいくつも繋げることができ、それぞれ通信することができます。

インターネットや動画など、情報量の多い通信に適しています。

今では、パソコンやスマホを使っている人達には、なくてはならないものですね。

ブルートゥースは、接続設定(ペアリング)した機器同士を、1対1で繋げ通信を行います。

通信できる範囲は、数m~10m程度と狭く、情報量の多い通信には向いていません。

スポンサーリンク

 ブルートゥースを設定してみよう

新旧のスマホを「ペアリング」します。

今回は、私のアンドロイドのスマホと、長女のお古の格安スマホ(アンドロイド)でデーターを送信してみたいと思います。

新旧のスマホ、それぞれの「設定」をタップします。

「Bluetooth」をタップするか、「ON」にします。

「Bluetooth」のマークが上に表示されました。

「使用可能なデバイス」が周辺にあるか探します。

「ペアリング」できる機器が見つかりました。

「ペア設定する」をタップします。

「ペアリング」されました。

これで、「ブルートゥース」の設定ができました。

 送ってみよう

早速、情報を送ってみましょう。

送りたい情報を選び、「共有」マークをタップします。

「Bluetooth」をタップします。

近くにペアリングされた「使用可能なデバイス」があるか探します。

「ペアリング」されたスマホを選びます。

受け取る側のスマホに「転送」の通知が出ます。

「承諾」をタップします。

「ギャラリー」の中に「Bluetooth」のカテゴリーができました。

機種によって多少の違いはあると思いますが、メニューの中の「共有」や「共有マーク」を選べばかならず「ブルートゥース」にたどり着けます。

一度使ってしまえば、とても簡単な「ブルートゥース」。

知らないと勿体無いので、ぜひ使ってみて下さい。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼