ざわちん イベントでハリウッド女優に変身するも「できません」という勇気が必要

ものまねメイクで有名なタレントのざわちんさんが、5月22日に行われた「カンヌ映画祭スペシャル2019」で、ハリウッド女優マーゴット・ロビーのものまねメイクの披露と、トークショーを行いました。

ざわちんさんが出演したイベントは、5月18日(土)~24日(金)まで開催されているもので、22日限定特別企画の一つでした。

ものまねメイクで一世を風靡したざわちんさん。

イベントで〇〇風ものまねメイクを披露することが多いざわちんさんですが、クオリティはいかがなものでしょうか。

静止画と動画

music.jpニュースのハリウッド女優マーゴット・ロビー風ものまねメイクしたざわちんさんの画像です。

いかがでしょうか。

こちらが、ざわちんさんのブログに載せられていた画像です。

マーゴット・ロビーに見えますか?

私には、金髪の日本人女性に見えてしまうのですが、どうでしょうか?

ちなみにこちらが本物のマーゴット・ロビーです。

この投稿をInstagramで見る

Experience a version of 1969 that could only happen #OnceUponATimeInHollywood – the 9th film by Quentin Tarantino. Full link in bio.

@ margotrobbieがシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

In good company – thrilled to be on the cover of @elleusa with so many inspiring women 💃🏻

@ margotrobbieがシェアした投稿 –


5月23日のざわちんさんのブログによると、

カンヌ映画祭にまつわる映画スターの
ものまねメイクで登場してほしいとの
オファーを戴きましたよチューアセアセアセアセ

だ、そうです。

ただ、彼女のものまねメイク、静止画じゃないと似ていません。

2013年12月12日のツイッターで、

フォトショとか写真加工とかで顔変えてるとかたくさんコメントくるけど、加工で顔を変えてるものまねメイクやったら本だせへんわって思う。たしかにあのクオリティーにするためには今回みたいにトリミングの仕方や色彩の加工(エフェクト)をよくするけど、、他は表情や角度やねんな…

と、書かれています。

確かに普通の人でも、「この角度、〇〇さんに似ている」っていうことがありますよ。

多分、彼女もそういいたいのでしょう。

いくらクライアントに、

カンヌ映画祭にまつわる映画スターの
ものまねメイクで登場してほしい
と、いわれても、似ていなくていいのでしょうか。
マーゴット・ロビー風ものまねメイクだから、似ている必要はないのでしょうか。
ハードルを上げすぎているのですかね。

スポンサーリンク

4月23日に行われた「大塚寧々『LEVIGA モイスチュアセラム』イメージキャラクター就任PRイベントにざわちんは出席しました。

そこで、ざわちんは、大塚寧々さんのものまねメイクをご本人を前にして披露しています。

大塚寧々さんご本人から「公認」を貰ったそうですが、どうでしょうか?

ツイッターに書き込まれた中に画像が貼られていたのがあったので、こちらをどうぞ。

ざわちんさんの4月23日付けのブログ「平成最後のものまねメイクは、大塚寧々さん」にも画像が貼られています。

どうでしょうか?

こちらだと、多少、似ていますかね?

5月25日のブログ、「大塚寧々さん風ものまねメイク動画 & メイクポイント」には、大塚寧々さん風ものまねメイクのポイントと動画が貼られていましたが、私にはよくわかりませんでした。

動画も顔が半分隠れているだけのもので、「まずは動画を」の意味がわかりません。

クライアントの要望もあるでしょうが、自分自身でもよくわかっているものまねメイクをしてのイベント出演はいつまであるのでしょうか。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼