かんさい情報ネットten. 藤崎マーケットのコーナーが酷すぎて波紋を呼ぶ

関西地域のニュース番組「かんさい情報ネットten.」で放送されたお笑い芸人 藤崎マーケットが担当しているコーナー「迷ってナンボ!」が物議を呼んでいます。

コーナーの中で「見た目では性別を判断することができない人」に対して根掘り葉掘り質問。

挙句の果てには確認のために胸を触る、保険証の提示をさせるなどテレビを見ていた人達がなんともいえない違和感、不快感を感じました。

コーナーが終わると、コメンテーターの若一光司(わかいちこうじ)さんが「男性か女性かという方に対する質問のやりかた、これは許しがたい人権感覚の欠如ですね。個人のセクシャリティに、そういう形で踏み込むべきじゃないです。」と激怒しました。

同じことを感じる不快感

私は、ネットで今回の件を知り、なんともいえない不快感を感じました。

過剰反応ではないかという人もいますが、リアルタイムにテレビを見ていた方、ネットで知った方達もどう感じたでしょうか。

スポンサーリンク

皆さん、覚えていらっしゃいますか?

ユーチューバー へきトラハウスの「振り返りブスババ抜きゲーム!!!」という動画。

歩いている女性の後ろ姿を見て美人かブスかを予想し、後ろから声をかけ、振り返させ、勝ち負けを決める動画です。

ニュース番組で取り上げられ、ずいぶん話題になりました。

今回の件とへきトラハウスの動画、同じくらい不快感を感じました。

どうして見た目を面白おかしくいじるのでしょうか?

「迷ってナンボ!」の依頼者は、顔を見せず、藤崎マーケットを煽ります。

コーナー最後、顔を見せない依頼者は、インタビューされた男性と「イエーイ♪」と手を合わせます。

なにが「イエーイ♪」なんですかね。

バカにしている、見下しているのではないかといきどうりを感じます。

スポンサーリンク

放送終了後、後の祭り

今回、渦中の人になってしまったインタビューを受けた方、ユーチューバーだったことがわかり、

「面白かったし放送が楽しみだった」

と答えていらっしゃるのが救いです。

しかし、ユーチューバーだったらネタになってよかっただろうという風潮はいかがなものなのかと思います。

お笑いをしている人ならなにをいわれてもされてもいいのか、飲み屋のお姉さんの体に触ってもいいのか。

どんな人にも、どんな職業にも、これ以上踏み込んではいけない領域があるはずです。

ニュース番組で、なぜこのような内容が放送されたのか、とても残念です。

違和感、気持ち悪さを感じます。

週が明け、番組が始まると、キャスターの中谷しのぶさんらが謝罪しました。

ホームページ上にも謝罪文が掲載されています。

<番組からのお詫び>

5月10日(金)に放送した『かんさい情報ネット ten.』のコーナー企画「迷ってナンボ!」の中で、町で出会った一般の方に対し、性別を確認するなど、プライバシー、人権への配慮を著しく欠いた、不適切な取材・放送を致しました。その結果、取材に応じていただいた皆様にご迷惑をおかけしただけでなく、番組をごらんいただいている皆様に不快な思いを抱かせ、ご期待・信頼を裏切る内容となってしまいました。

取材させていただいた皆様、視聴者の皆様に深くお詫びいたします。

注意と配慮を欠き、このような結果となってしまったことを深く反省し、再発防止と信頼回復に今後務めてまいります。

2019年5月13日 読売テレビ放送局

ロケを行った藤崎マーケットの二人も、それぞれのツイッターを更新し謝罪しました。

下っ端の人間がなにもいえないのもわかりますが、誰かが一言いえたなら、考えることができたなら、このような結果になっていなかったはずです。

テレビが面白くなくなったといいますが、人の外見で笑いをとる時代はもう完全に終わったのだと理解していただきたい。

「迷ってナンボ!」は休止されるそうです。

今回、一石を投じた若一さんの立場が悪くならないことを祈ります。

スポンサーリンク

▼記事が面白いと思ったらシェアをお願いします▼

▼更新情報配信希望の方はこちら▼